ジャンル: 
  1. 日本文学 > 
  2. 随筆・紀行

単行本

トウキョウディストピアニッキ

東京ディストピア日記

桜庭 一樹

単行本 46 ● 272ページ
ISBN:978-4-309-02961-0 ● Cコード:0095
発売日:2021.04.26

定価1,892円(本体1,720円)

○在庫あり

  • 作家・桜庭一樹が記録するコロナ禍の東京・2020年1月~2021年1月。分断が進むこの世界で、私は、あなたは、どこにいて何を思考する、誰なんだろう――?


    オリンピック延期、和牛券、休業要請、#うちで踊ろう、Zoom飲み会、アベノマスク、ステイ・ホーム太り、自粛警察、極端な選択、2度目の緊急事態宣言……誰もが経験したはずなのにもう忘れている、あの時の暮らし、憤りや心細さ。日記を読み、時系列どおりに追体験すると、新たな気づきが次々に見えてくる。すべて現実に起きたこと。コロナ禍の一年間。




    -------------------------
    桜庭 一樹
    1971年島根県生まれ。99年、ファミ通エンタテインメント大賞小説部門佳作を受賞しデビュー。2007年『赤朽葉家の伝説』で第60回日本推理作家協会賞、08年『私の男』で第138回直木賞を受賞。著書『小説 火の鳥 大地編<上・下>』等多数。

著者

桜庭 一樹 (サクラバ カズキ)

1971年島根県生まれ。99年デビュー。2007年『赤朽葉家の伝説』で日本推理作家協会賞、08年『私の男』で直木賞を受賞。著書『小説 火の鳥 大地編<上・下>』等多数。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳