検索結果

981件中 120件を表示 | 表示件数   件

沈黙の声

日本文学

沈黙の声
遠藤周作初期エッセイ

遠藤 周作

『沈黙』の原点と言える発掘原稿『沈黙の声』。『白い人・黄色い人』で描いた悪と赦しの問題をさらに掘り下げ、神の声を考察した重要作、初の単行本化!他貴重なエッセイ全30作収録。

  • 単行本 / 256頁
  • 2024.07.24発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-03198-9

予価2,420円(本体2,200円)

※未刊

詳細を見る
瓶の中〈新装版〉

日本文学

瓶の中〈新装版〉

高峰 秀子

高峰秀子生誕百年記念復刊。「暮しのたのしみ」「食べある記」「春愁秋思」の三部構成。「自分の道を歩きはじめた」人による、美の集大成。随筆と愛蔵品のカラー写真を満載した豪華大型本。

  • 単行本 / 200頁
  • 2024.06.24発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-03190-3

予価2,970円(本体2,700円)

※未刊

詳細を見る
「私」をどう生きるか

日本文学

「私」をどう生きるか

亀井 勝一郎

人間はいかにして人間となるか、という永遠のテーマに切り結んだ本音の一冊。青年を含め、自分の人生をみつめる人間に贈る、人生論の騎手による決定版。名著『人間の心得』改題。

  • 単行本 / 208頁
  • 2024.05.22発売
  • ISBN 978-4-309-03186-6

定価2,200円(本体2,000円)

○在庫あり

詳細を見る
老いの贅沢

日本文学

老いの贅沢

曾野 綾子

悩む時間がもったいない!老後、残された時間は贅沢品。人生の無駄を捨て、一番大切なものに時間をかける――。日常の悩みに応え、前向きで豊かな老後を楽しむための心強き名言の数々!

  • 単行本 / 184頁
  • 2024.05.21発売
  • ISBN 978-4-309-03183-5

定価1,320円(本体1,200円)

○在庫あり

詳細を見る
ハウリングの音が聴こえる

日本文学

ハウリングの音が聴こえる

松村 雄策

2022年3月に逝去した音楽評論家・松村雄策が贈る11冊目のエッセイ集。「僕の人生の六分の五には、いつだってポールの音楽があったのだ」――「小説すばる」の連載が待望の書籍化。

  • 単行本 / 256頁
  • 2024.03.22発売
  • ISBN 978-4-309-03180-4

定価2,200円(本体2,000円)

○在庫あり

詳細を見る
東北モノローグ

日本文学

東北モノローグ

いとう せいこう

東日本大震災の癒されえぬ傷痕、そのうえを流れた時間はいったいなにを残したのか。東北のひとびとがいま語ること、その地でこだまする声に耳を澄ます、文学とノンフィクションの臨界点。

  • 単行本 / 312頁
  • 2024.02.27発売
  • ISBN 978-4-309-03169-9

定価2,200円(本体2,000円)

○在庫あり

詳細を見る
執念と欲望と。或る美術蒐集家の追憶

日本文学

執念と欲望と。或る美術蒐集家の追憶

浦上 敏朗

政財界人との美術交流、真贋鑑定の裏話……。特攻隊から生き残り事業家として成功、時価100億のコレクションを山口県に寄付した著者による世界的な美術品を巡るエピソード満載のエッセイ。

  • 単行本 / 240頁
  • 2024.02.27発売
  • ISBN 978-4-309-25743-3

定価3,190円(本体2,900円)

○在庫あり

詳細を見る
山の怪奇 百物語

日本文学

山の怪奇 百物語

山村民俗の会

里の向こう、山中では、誰もが〈何か〉を感じることがある。あるときは霊異であり、魔物でり、あるいは祟り、不思議…。山にひたった人たちが秘かに語り伝える、山という異界の物語。

  • 単行本 / 218頁
  • 2024.01.29発売
  • ISBN 978-4-309-22911-9

定価1,650円(本体1,500円)

○在庫あり

詳細を見る
生まれ変わったらパリジェンヌになりたい

日本文学

生まれ変わったらパリジェンヌになりたい

淡谷 のり子 著 早川 茉莉

「ブルースの女王」淡谷のり子の名エッセイ復活!笠置シヅ子の良きライバルとして二人は時に競いあい、時に支えあいながら芸能の世界を生き抜いた。連ドラのサブテキストに最適!

  • 単行本 / 232頁
  • 2023.12.27発売
  • ISBN 978-4-309-03162-0

定価1,760円(本体1,600円)

○在庫あり

詳細を見る
ターシャ・テューダー 幸せの見つけ方

日本文学

ターシャ・テューダー 幸せの見つけ方

食野 雅子

何でも手作りする19世紀風の暮らしを好み、どんな境遇でも楽しみ、前向きに生きた絵本作家ターシャ。多くの人を勇気づけるその言葉と生き方を、美しい絵と写真と共に綴る第2作。

  • 単行本 / 176頁
  • 2023.11.28発売
  • ISBN 978-4-309-03140-8

定価1,815円(本体1,650円)

○在庫あり

詳細を見る
あまカラ食い道楽

日本文学

あまカラ食い道楽

谷崎 潤一郎

戦後の、伝説のうまいもの雑誌「あまカラ」から30余篇を精選して、新字新仮名遣いで。あまたの美味い食べ物飲み物珍味。著者は佐藤春夫、笠信太郎、新村出、小林一三、中谷宇吉郎…。

  • 単行本 / 218頁
  • 2023.11.14発売
  • ISBN 978-4-309-03152-1

定価1,760円(本体1,600円)

○在庫あり

詳細を見る
恋できみが死なない理由

日本文学

恋できみが死なない理由

最果 タヒ

「あなたの今の一瞬に向けてだけ、好きだと言えるのが、その刹那な奇跡的な断言が、私にとっての愛情です」(本文より)――最果タヒが贈る、最高に自由でリリカルな最新エッセイ集!

  • 単行本 / 176頁
  • 2023.10.26発売
  • ISBN 978-4-309-03155-2

定価1,430円(本体1,300円)

○在庫あり

詳細を見る
人生を抱きしめる

日本文学

人生を抱きしめる
遠藤周作初期エッセイ

遠藤 周作

遠藤周作生誕100年企画。著者の原点となる信仰を軸に、自由や孤独、苦しみについての見解より、真の人間の姿にせまる若き日の圧倒的作品の数々!著者最初期の評論他、貴重な講演録も収録。

  • 単行本 / 224頁
  • 2023.10.20発売
  • ISBN 978-4-309-03144-6

定価1,980円(本体1,800円)

○在庫あり

詳細を見る
猫がいれば、そこが我が家

日本文学

猫がいれば、そこが我が家

ヤマザキ マリ

イタリア、シリア、ポルトガル、アメリカ…世界を移動する漫画家が「小さくて大きな存在」について余すことなく綴る。NHK「ネコメンタリー」からスピンオフ! 著者初の猫エッセイ。

  • 単行本 / 200頁
  • 2023.09.22発売
  • ISBN 978-4-309-03139-2

定価1,485円(本体1,350円)

○在庫あり

詳細を見る
ころび切支丹(キリシタン)

日本文学

ころび切支丹(キリシタン)
遠藤周作初期エッセイ

遠藤 周作

遠藤周作生誕100年企画。著者の原点となる信仰と文学について、初期の重厚な発掘原稿を収める。『沈黙』発表前の講演録「ころび切支丹」を併録。本シリーズでしか読めない貴重な作品集。

  • 単行本 / 240頁
  • 2023.09.20発売
  • ISBN 978-4-309-03132-3

定価1,980円(本体1,800円)

○在庫あり

詳細を見る
絵本をあなたに贈る

日本文学

絵本をあなたに贈る

髙村 志保

長野県茅野市にある小さな本屋さん・今井書店の店主が綴る、子どもの本の魅力と、本のある日々の幸せと喜び。愛しい本と出会う、大事な本と再会する、扉がそっとひらくエッセイ集。

  • 単行本 / 176頁
  • 2023.08.29発売
  • ISBN 978-4-309-03126-2

定価1,782円(本体1,620円)

○在庫あり

詳細を見る
日本人が移民だったころ

日本文学

日本人が移民だったころ

寺尾 紗穂

日本はかつて国策として移民を推奨する「移民送り出し国」だった。沖縄からパラグアイまで開拓地をめぐり、戦争に翻弄された労働者たちの声を拾い集める、聞き書きルポルタージュの決定版。

  • 単行本 / 200頁
  • 2023.07.27発売
  • ISBN 978-4-309-03122-4

定価1,980円(本体1,800円)

○在庫あり

詳細を見る
ロバのスーコと旅をする

日本文学

ロバのスーコと旅をする

高田 晃太郎

ロバと歩いて旅したい。新聞記者の職を辞し、「私」は旅に出た――。雌ロバ、スーコとの旅路で一躍話題を集めた著者が、朗らかなロバ達と歩いた日々、出会い、別れ、葛藤をしなやかに綴る。

  • 単行本 / 208頁
  • 2023.07.26発売
  • ISBN 978-4-309-03120-0

定価1,782円(本体1,620円)

○在庫あり

詳細を見る
アフリカ探検記

日本文学

世界探検全集

アフリカ探検記

デイヴィッド・リヴィングストン 著 菅原 清治 訳 山極 寿一 解説

猛獣や風土病と闘い、前後30年、通算48000キロにおよぶ広大な地域を踏査し、アフリカ探検史上に不朽の業績を残したリヴィングストンの波瀾万丈の探検記!ナビゲーション:山極寿一。

  • 単行本 / 316頁
  • 2023.07.24発売
  • ISBN 978-4-309-71188-1

定価2,750円(本体2,500円)

○在庫あり

詳細を見る
歌って、恋して、生きてやる

日本文学

歌って、恋して、生きてやる
あるボサノヴァシンガーの告白

Karen Tokita

性被害、離婚、そして体の変調…歌手として、女性として、人として味わったネガティブな日々からの脱却。ボサノヴァシンガーKarenTokitaの今をしなやかに生きるフォトエッセイ。

  • 単行本 / 120頁
  • 2023.07.19発売
  • ISBN 978-4-309-92261-4

定価1,980円(本体1,800円)

○在庫あり

詳細を見る