ジャンル: 
  1. 日本文学 > 
  2. 随筆・紀行

単行本

サラバベイルート

さらば、ベイルート

ジョスリーンは何と闘ったのか

四方田 犬彦

単行本 46 ● 240ページ
ISBN:978-4-309-03039-5 ● Cコード:0095
発売日:2022.05.27

定価2,992円(本体2,720円)

○在庫あり

  • 中東戦争を撮り続けた知られざる巨匠ジョスリーン・サアブ。世界史的悲劇が凝縮する土地と時代を生きた彼女の生涯を通じて、自由を希求する人間の輝きを描く感動のノンフィクション。

    レバノンの名家に生まれ、
    パリで客死したある女性映画作家の生涯。
    驚異と感動のノンフィクション

      *  *  *

    遠い鏡に映った他人を映画に撮ろうとするのは、
    死が目の前まできているから――。
    ここ数年読みたかった本が実際に存在した。
    ――多和田葉子(作家)

    永遠を横切りながら、切り裂きながら撮る女。
    移動の情熱、零れ落ちる命、そしてフィルムは生き延びる。
    ――斎藤真理子(翻訳家)

      *  *  *

    中東から西サハラヘ、さらにヴェトナムへ、瓦礫のなかで女性たちの人生を見つめ、歴史の証言者たろうとしたドキュメンタリスト、ジョスリーン・サアブ。骨髄を癌で犯され余命いくばくもない彼女から、わたしは最後の作品への協力を依頼される。それは元日本赤軍幹部・重信房子と娘メイの、母娘の絆の物語だった。だが、そんなことがはたして可能なのだろうか……。歴史は無慈悲に進行し、記憶は両手から零れ落ちる砂のように消えていく。死の直前まで彼女が見つめていたものは何だったのか? 知られざる女性映画作家の足跡をベイルートに辿り、その生涯を凝視する珠玉のノンフィクション。

著者

四方田 犬彦 (ヨモタ イヌヒコ)

1953年生まれ。あらゆるジャンルを横断する批評家。著書『ルイス・ブニュエル』『親鸞への接近』『大島渚と日本』『詩の約束』など。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳