ジャンル: 
  1. 政治・経済・社会 > 
  2. 社会

単行本

ダークデータ

ダークデータ

隠れたデータこそが最強の武器になる

デイヴィッド・J・ ハンド

黒輪 篤嗣

単行本 46 ● 344ページ
ISBN:978-4-309-25420-3 ● Cコード:0030
発売日:2021.02.27

定価2,860円(本体2,600円)

○在庫あり

  • 私たちはデータを思った以上に使えていない。欠けたり見落とされたりした「ダークデータ」をどうしたら活用できるか? 豊富な事例とともに、情報戦略と意思決定の武器を実装する!

    私たちは世界を正しく認識しているつもりでも、たいせつな情報を見落としがちだ。
    医療・健康、マネー、アンケート調査、科学論文などの事例をまじえて、情報分析の極意を伝授する!

    「ダークデータとダークマターは似ている。ダークデータも目には見えず、記録されていないが、わたしたちの結論や決定や行動を大きく左右しうる。のちほど数々の例を紹介するように、知られていないことが潜んでいるという可能性を無視すると、不幸な結果や取り返しのつかない事態を招くことがある。
     ダークデータがどのように生じるのか、なぜ生じるのかを探るのが、本書の目的だ。(中略)最後には、知恵を働かせれば、ダークデータを有効活用できることについても話したい。奇妙なパラドクスのようだが、無知やダークデータの視点を取り入れることで、よりよい判断やよりよい行動が可能になる。つまり、具体的にいうなら、不明なことをうまく使うことで、もっと健康的な生活を送ったり、もっと収入を増やしたり、もっとリスクを減らしたりできるのだ」(本文より)

  • 【目次】
    まえがき

    第Ⅰ部 ダークデータ――その原因と結果

    第1章 ダークデータ――見えないものによって築かれている世界
     データの幽霊
     すべてのデータが揃っていると思っていいのか
     何も起こらなかった、だから無視した
     ダークデータの力
     遍在するダークデータ

    第2章 ダークデータを見つける――何を集め、何を集めていないか
     ダークデータの収集
     データの排出、選別、自己選別
     少数から多数へ
     実験データ
     人間の弱さを考慮せよ

    第3章 定義とダークデータ――何を知りたいか?
     定義の違いと間違ったものの計測
     すべてを計測することは不可能
     スクリーニング
     過去の成績にもとづいた選別

    第4章 意図せぬダークデータ――言うは易く行うは難し
     大まかな把握
     要約
     ヒューマンエラー
     計測機器の限界
     データセットの連携

    第5章 戦略的ダークデータ――つけ入り、フィードバックループ、情報の非対称性
     つけ入り
     フィードバックループ
     情報の非対称性
     逆淘汰とアルゴリズム

    第6章 意図的なダークデータ――詐欺と策略
     詐欺
     なりすましとインターネット詐欺
     個人金融詐欺
     金融市場詐欺とインサイダー取引
     保険詐欺
     そのほかの詐欺

    第7章 科学とダークデータ――発見とはいかなる営みか
     科学とはいかなる営みか
     もし知っていたら
     ダークデータに出くわす
     ダークデータと再現性
     事実の隠蔽
     撤回
     出どころと信頼――誰がいったことか

    第Ⅱ部 ダークデータを照らし出し、利用する

    第8章 ダークデータに対処する――光を当てる
     データを集めるのが基本
     観察データと欠けたデータをつなぐ
     データが欠けるメカニズムを見きわめる
     ダークデータに対処する
     データを超えて――あなたが先立ったらどうなるか?
     データを超えて――インピュテーション
     反復
     間違ったデータ 

    第9章 ダークデータの活用――問いをリフレーミングする
     データを隠す
     自分からデータを隠す――無作為化比較試験
     起こっていたかもしれないこと
     複製されたデータ
     想像上のデータ――事前確率
     プライバシーと機密保護
     暗がりでデータを集める

    第10章 ダークデータを分類する――迷路を抜けるルート ダークデータの分類法 わからないことを明らかに
    訳者あとがき
    原註
    索引

著者

デイヴィッド・J・ ハンド (ハンド,デイヴィッド・J)

インペリアル・カレッジ・ロンドン数学名誉教授。王立統計学会の元会長。英ヘッジファンドのウィントン・キャピタル・マネジメント社の主任科学アドバイザーなども務める。著書に『「偶然」の統計学』など。

黒輪 篤嗣 (クロワ アツシ)

翻訳家。訳書に『サイクル・サイエンス』、『スイミング・サイエンス』、『世界の橋』、『世界の植物大図鑑』、『驚くべき世界の野生動物生態図鑑』、『ドーナツ経済学が世界を救う』など。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳