ジャンル: 
  1. 自然科学・医学 > 
  2. 自然科学

単行本

コノシンタイガツクッテキタブンメイノホンシツ

この身体がつくってきた文明の本質

ルイス・ダートネル

東郷 えりか

単行本 46 ● 388ページ
ISBN:978-4-309-25472-2 ● Cコード:0040
発売日:2024.08.14(予定)

予価3,080円(本体2,800円)

※未刊

  • 身体を持った生物としての人間が、いかに文明をつくってきたかを壮大なスケールで描く大作。『この世界が消えたあとの科学文明のつくりかた』と『世界の起源』に続く3部作の終巻。

著者

ルイス・ダートネル (ダートネル,L)

英国レスター大学宇宙局を経て、現在ウェストミンスター大学教授。宇宙生物学が専門。火星の生命探査計画に参加。サイエンス関連で数々の賞を受賞。『この世界が消えたあとの科学文明のつくりかた』など。

東郷 えりか (トウゴウ エリカ)

上智大学外国語学部フランス語学科卒。『歴史を変えた気候大変動』、『この世界が消えたあとの科学文明のつくりかた』、『世界の起源』、『地球を支配する水の力』、『気候変動と環境危機』など多数。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳