“藩”を知れば日本がわかる。
時代は変われど、受け継がれる〈お国柄〉のルーツを歴史でひも解く!!

河出文庫 た33-1

ハントニホンジン

藩と日本人

現代に生きる〈お国柄〉

武光 誠

河出文庫 文庫 ● 232ページ
ISBN:978-4-309-41348-8 ● Cコード:0121
発売日:2015.02.06

定価748円(本体680円)

×品切・重版未定

  • 加賀、薩摩、津軽や岡山、庄内などの例から、大小さまざまな藩による支配がどのようにして〈お国柄〉を生むことになったのか、藩単位の多様な文化のルーツを歴史の流れの中で考察する。

著者

武光 誠 (タケミツ マコト)

1950年山口県生まれ。東京大学文学部国史学科卒業。同大学院博士課程修了。文学博士。2019年に明治学院大学教授を定年で退職。専攻は、日本古代史、歴史哲学。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳