検索結果

4657件中 120件を表示 | 表示件数   件

イスラームから見た西洋哲学

文庫・新書

イスラームから見た西洋哲学

中田 考

キリスト教を中心とした西洋哲学がイスラームの世界ではどのように解釈されてきたのか、それがイスラームの哲学にどう影響を及ぼしてきたのかを、イスラーム法学者がわかりやすく解説。

  • 新書 / 240頁
  • 2024.01.29発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-63174-5

予価990円(本体900円)

※未刊

詳細を見る
鉄道会社vs自治体 データが突き付ける存続限界

文庫・新書

鉄道会社vs自治体 データが突き付ける存続限界

鐵坊主

苦境に立つ鉄道各社、廃線を回避したい沿線自治体は、それぞれの立場でどのような策を講じるべきか? 鉄道各社が取り組む新線・新駅計画の現状は?…日本の鉄道、衝撃の現在地がわかる!

  • KAWADE夢新書 / 224頁
  • 2024.01.24発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-50449-0

予価979円(本体890円)

※未刊

詳細を見る
ゆるく生きれば楽になる

文庫・新書

ゆるく生きれば楽になる
60歳からのテキトー生活

和田 秀樹

「テキトー」「手抜き」でちょうどいい!労働の義務や人間関係のしばりから解放され、60歳以降、第二の人生を思いきり楽しみ、元気に豊かに最高の老後を送るための、心と身体の生活習慣。

  • 新書 / 224頁
  • 2024.01.24発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-63173-8

予価968円(本体880円)

※未刊

詳細を見る
平家物語 4

文庫・新書

古典新訳コレクション

平家物語 4

古川 日出男

破竹の勢いで平家を追う義経。屋島を落とし、壇の浦の海上を赤く染める。那須与一の扇の的、で最後の合戦が始まる。那須与一の扇の的、安徳天皇と三種の神器の行方やいかに。屈指の名作の大団円。

  • 河出文庫 / 304頁
  • 2024.01.10発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-42074-5

予価880円(本体800円)

※未刊

詳細を見る
小林一茶

文庫・新書

古典新訳コレクション

小林一茶

長谷川 櫂

誰にでもわかる言葉、細やかな心理描写……近代俳句は一茶からはじまる。生涯で詠んだ約二万句から百句を精選し、俳人・長谷川櫂が解説を付す。波乱に満ちた人生に沿いながら見えてくる「新しい一茶」像。

  • 河出文庫 / 208頁
  • 2024.01.10発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-42075-2

予価880円(本体800円)

※未刊

詳細を見る
江戸に欠かせぬ創作ばなし

文庫・新書

江戸に欠かせぬ創作ばなし
綺堂随筆

岡本 綺堂

岡本綺堂は江戸のことばとどのように向き合ったのか? 今も古びない創作論に、怪談話、貴重な寄席と芝居の記録などを収録した、綺堂の魅力満載のベストエッセイ集! 『綺堂随筆 江戸のことば』改題。

  • 河出文庫 / 328頁
  • 2024.01.10発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-42076-9

予価990円(本体900円)

※未刊

詳細を見る
楽屋の蟹

文庫・新書

楽屋の蟹
中村雅楽と日常の謎

戸板 康二 著 新保 博久

歌舞伎界の名優にして名探偵、中村雅楽が日常の謎に挑む。江戸川乱歩に見いだされた著者による味わい深い名推理の数々。直木賞受賞作「團十郎切腹事件」はじめ精選の11編を収録。

  • 河出文庫 / 376頁
  • 2024.01.10発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-42077-6

予価1,155円(本体1,050円)

※未刊

詳細を見る
ナイン・ストーリーズ

文庫・新書

ナイン・ストーリーズ

J・D・サリンジャー 著 柴田 元幸

砂浜で男が少女に語る、ある魚の悲しい生態(『バナナフィッシュ日和』)、客船で天才少年に起きた出来事(『テディ』)。不確かな現実を綱渡りで生きる人々を描いた、アメリカ文学史に燦然と輝く九篇。

  • 河出文庫 / 320頁
  • 2024.01.10発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-46793-1

予価891円(本体810円)

※未刊

詳細を見る
人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ

文庫・新書

人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ
決定版

ロバート・フルガム 著 池 央耿

おもてに出るときは手をつないで、はなればなれにならないようにすること――人間はどう生き、どのようにふるまい、どんな気持ちで日々を送ればいいか。100か国以上で読み継がれる、珠玉のエッセイ集。

  • 河出文庫 / 328頁
  • 2024.01.10発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-46794-8

予価990円(本体900円)

※未刊

詳細を見る
筑駒の研究

文庫・新書

河出新書

筑駒の研究

小林 哲夫

筑波大学附属駒場中・高等学校、略称:筑駒。国立で男子校、自由な校風と抜群の東大合格率で知られるが、本当はどんな学校なのか。OB、元教員から現校長まで、約100人の証言から探る。

  • 新書 / 336頁
  • 2023.12.27発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-63172-1

予価1,210円(本体1,100円)

※未刊

詳細を見る
関東の私鉄沿線格差

文庫・新書

関東の私鉄沿線格差
東急 東武 小田急 京王 西武 京急 京成 相鉄

小林 拓矢

関東8大私鉄の「沿線力」を徹底比較。住みやすさ、行政サービス、将来性、ブランド力、天災への強さなど、さまざまな視点から、知っているようで知らない「真の評価」を明らかにする!

  • KAWADE夢新書 / 224頁
  • 2023.12.19発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-50444-5

予価979円(本体890円)

※未刊

詳細を見る
百人一首

文庫・新書

古典新訳コレクション

百人一首

小池 昌代

恋に歓び、別れを嘆き、花鳥風月を愛で、人生の無常を憂う……歌人百人の秀歌を一首ずつ選び編まれた「百人一首」。小池昌代による現代詩訳と鑑賞で、今、新たに、百人の「言葉」と「心」を味わう。

  • 河出文庫 / 256頁
  • 2023.12.06発売
  • ISBN 978-4-309-42023-3

定価880円(本体800円)

○在庫あり

詳細を見る
源氏物語 3

文庫・新書

古典新訳コレクション

源氏物語 3

角田 光代

須磨・明石から京に戻った光源氏は勢力を取り戻し、栄華の頂点へ上ってゆく。藤壺の宮との不義の子が冷泉帝となり、明石の女君が女の子を出産し、上洛。六条院が落成する。「澪標」から「玉鬘」までを収録

  • 河出文庫 / 336頁
  • 2023.12.06発売
  • ISBN 978-4-309-42067-7

定価880円(本体800円)

○在庫あり

詳細を見る
平家物語 3

文庫・新書

古典新訳コレクション

平家物語 3

古川 日出男

平家は都を落ち果て西へさすらい、京には源氏の白旗が満ちる。しかし木曾義仲もまた義経に追われ、最期を迎える。宇治川先陣、ひよどり越え……盛者必衰の物語はいよいよ佳境を迎える。

  • 河出文庫 / 352頁
  • 2023.12.06発売
  • ISBN 978-4-309-42068-4

定価880円(本体800円)

○在庫あり

詳細を見る
仮名手本忠臣蔵

文庫・新書

古典新訳コレクション

仮名手本忠臣蔵

松井 今朝子

赤穂浪士ドラマの原点であり、大星由良之助(=大石内蔵助)の忠義やお軽勘平の悲恋などでおなじみの浄瑠璃、忠臣蔵。文楽や歌舞伎で上演され続けている名作を松井今朝子の全訳で贈る、決定版現代語訳。

  • 河出文庫 / 224頁
  • 2023.12.06発売
  • ISBN 978-4-309-42069-1

定価880円(本体800円)

○在庫あり

詳細を見る
等々力座殺人事件

文庫・新書

等々力座殺人事件
中村雅楽と迷宮舞台

戸板 康二 著 新保 博久

歌舞伎界の名優・中村雅楽が殺人事件の謎に挑む。江戸川乱歩に見いだされた著者によるミステリ史に名を残す名推理の数々。精選の8編に加えデビュー作「車引殺人事件」原型版を書籍初収録。

  • 河出文庫 / 376頁
  • 2023.12.06発売
  • ISBN 978-4-309-42070-7

定価1,155円(本体1,050円)

○在庫あり

詳細を見る
言の葉さやげ

文庫・新書

言の葉さやげ

茨木 のり子

『倚りかからず』の詩人・茨木のり子の代表的エッセイ集の文庫化。ことばや詩に対するみずみずしい感受性が光る。「はてなマーク」「推敲の成果」「内省」の貴重な3本を新たに増補。

  • 河出文庫 / 216頁
  • 2023.12.06発売
  • ISBN 978-4-309-42071-4

定価858円(本体780円)

○在庫あり

詳細を見る
山窩奇談〈増補版〉

文庫・新書

山窩奇談〈増補版〉

三角 寛

サンカの実態に最も精通した三角寛が、警視庁刑事の下で諜者を務めた小束国八からの聞き書きをまとめたもの。追加は、国八聞き書きの「元祖洋傘直し」に、法務省での貴重な講演「山窩の話」を大増補。

  • 河出文庫 / 368頁
  • 2023.12.06発売
  • ISBN 978-4-309-42072-1

定価990円(本体900円)

○在庫あり

詳細を見る
江戸っ子の身の上

文庫・新書

綺堂随筆
江戸っ子の身の上

岡本 綺堂

江戸っ子代表の意外な出自を語った「助六の身の上話」、明治の東京の正月の思い出話、従軍記者として赴いた日露戦争の記憶……確かな江戸の知識のもとに語る傑作随筆選。

  • 河出文庫 / 352頁
  • 2023.12.06発売
  • ISBN 978-4-309-42073-8

定価990円(本体900円)

○在庫あり

詳細を見る
関西の私鉄沿線格差

文庫・新書

関西の私鉄沿線格差
近鉄 南海 京阪 阪急 阪神

新田 浩之

ブランドタウンを多く持つ路線は? 社寺や古刹が多い路線は? 沿線の平均家賃が高い路線は?…など、さまざまな視点から関西5大私鉄の「沿線」を徹底比較。「真の実力」が明らかに!

  • KAWADE夢新書 / 208頁
  • 2023.11.22発売
  • ISBN 978-4-309-50448-3

定価979円(本体890円)

○在庫あり

詳細を見る