ジャンル: 
  1. 哲学・思想・宗教 > 
  2. 哲学・思想

シリーズ: 
  1. 河出ブックス

人間は裂け目から生まれたのであり、われわれとは開かれた傷口なのだ。
バタイユ像を根底から変える決定版入門。

全集・シリーズ

バタイユ

バタイユ

呪われた思想家

江澤 健一郎

単行本 B6 ● 256ページ
ISBN:978-4-309-62465-5 ● Cコード:0310
発売日:2013.11.12

定価1,650円(本体1,500円)

×品切・重版未定

  • 「呪われた思想家」バタイユの核心と可能性は芸術論における「裂け目」にある。傷口から思想家の全体を透視して、全く新たなバタイユ像によって現代を震撼させる気鋭の挑発。

    われわれの目の前で裂け目が開く、われわれはあるときは恍惚として歓喜し、笑い、あるときは拒絶し、激高する。歓喜、笑い、拒絶、激高、それらもまたわれわれを引き裂く裂け目の効果である。こうして目の前で口を開ける傷口、この壊れた、対象ならぬ対象、芸術とはその典型ではないだろうか。芸術がわれわれに恍惚をもたらすとすれば、われわれがそこで見つめるのは裂け目であり、内的体験の視覚的対象である。バタイユは、少なからぬ芸術論を執筆した。われわれはこれから、彼が芸術に見いだした多様な裂傷について考察し、その傷口から彼の思想を透視する。(本書より)

  • 序 裂傷の思想家バタイユ
    裂傷の思考/バタイユという万華鏡

    第一章 開かれた傷口——内的体験の視覚的対象
    雀蜂のように美しい/絶えず新たになる光の中へ、私自身の外へ/キリスト教的体験から内的体験へ/使い道のない否定性

    第二章 裂け目から生まれる芸術、そして人間——『ラスコーあるいは芸術の誕生』をめぐって
    洞窟の中へ/バタイユの芸術論/未知なる歴史/労働の誕生/禁止/侵犯と濫費/連続性の回帰/動物になる/読める絵画、体験する絵画

    第三章 不定形の……
    なにか唾のような……/雑誌『ドキュマン』/「不定形の」注釈/おぞましい猿やゴリラのような馬……/馬から人体へ

    第四章 二つの身体
    耳という器官から使い道のない耳へ/『ドキュマン』と人体/形態の弁証法/足の親指/図版のモンタージュ/口から動物になること/建築的構成から獣じみた怪物性へ

    第五章 傷口(トラウマ)としての写真
    見覚えのある未知なるもの/傷口(トラウマ)としての外示/作動する写真

    第六章 低次唯物論から変質へ
    歴史の他者/造形原理としての低次唯物論/プリミティヴな「変質」/陰画の手/同時代芸術における変質

    第七章 無頭の絵画——アンドレ・マッソン
    変質する砂絵/バタイユとマッソン無頭人/バタイユと無頭の形象/モンセラートでの体験/絵画制作という無頭の行為/感情移入的抽象/具象と抽象のあわいで

    第八章 絵画という開かれた傷口——『マネ』をめぐって
    目の前の裂け目/至高性の帰趨/主題表象という遺制/二重の近代性/マルローとバタイユ/マネの「操作」/再び、目の前の裂け目

    結 芸術と共同性
    無為の共同体/消尽の共同体

    あとがき

著者

江澤 健一郎 (エザワ ケンイチロウ)

フランス文学専攻。著書『バタイユ 呪われた思想家』『ジョルジュ・バタイユの《不定形》の美学』、訳書にバタイユ『ドキュマン』、ディディ=ユベルマン『イメージの前で』他。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳