ジャンル: 
  1. 日本文学 > 
  2. 評論・研究

シリーズ: 
  1. 高橋英夫著作集

全集・シリーズ

タカハシヒデオチョサクシュウテオリアイチシンワトブンガク

高橋英夫著作集 テオリア2 神話と文学

高橋 英夫

単行本 46変形 ● 496ページ
ISBN:978-4-309-70912-3 ● Cコード:0395
発売日:2021.07.19(予定)

予価5,060円(本体4,600円)

※未刊

  • 独文学者・文芸批評家として、ケレーニイの神話研究の手法を援用した著者の関連文集。「見つつ畏れよ」「役割としての神」「ミュトスとビオス」「物語のイデア」ほか、柳田、折口について。

著者

高橋 英夫 (タカハシ ヒデオ)

1930-2019。文芸評論家、ドイツ文学者。主な著書に、『批評の精神』『神話の森の中で』『疾走するモーツァルト』『西行』など多数。受賞歴に、亀井勝一郎賞、芸術選奨文部大臣賞、読売文学賞など。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳