検索結果

東山 彰良 (ヒガシヤマ アキラ)

68年台湾生まれ。09年『路傍』で大藪春彦賞、15年『流』で直木賞、16年『罪の終わり』で中央公論文藝賞、17年『僕が殺した人と僕を殺した人』で織田作之助賞、読売文学賞、渡邊淳一文学賞を受賞。

1件中 11件を表示 | 表示件数   件

緊急事態下の物語

日本文学

緊急事態下の物語

金原 ひとみ真藤 順丈東山 彰良尾崎 世界観瀬戸 夏子

濃厚接触、反ユートピア、ゾンビと猫、ライブカメラ、臆病なテロリスト…。2020→20XX、コロナ禍を生きるための、最前線の作家たちが贈る、もうひとつのパンデミック。

  • 単行本 / 232頁
  • 2021.06.17発売
  • ISBN 978-4-309-02965-8

定価1,815円(本体1,650円)

△2週間~

詳細を見る