検索結果

小澤 身和子 (オザワ ミワコ)

翻訳者。「クーリエ・ジャポン」の編集者を務めた後、取材コーディネーター及び通訳として海外メディアの日本取材に携わる。訳書に『アメリカ死にかけ物語』『これからのヴァギナの話をしよう』などがある。

3件中 13件を表示 | 表示件数   件

サワー・ハート

外国文学

サワー・ハート

ジェニー・ザン 著 小澤 身和子 翻訳

毎朝起きるとゴキブリまみれ、残飯を求めゴミ箱に飛び込む──。注目のアジア系アメリカ作家が描く、上海からニューヨークへ移住した極貧一家で育つ少女のダークでコミカルな連作短編集。

  • 単行本 / 344頁
  • 2021.08.26発売
  • ISBN 978-4-309-20837-4

定価3,245円(本体2,950円)

○在庫あり

詳細を見る
これからのヴァギナの話をしよう

外国文学

これからのヴァギナの話をしよう

リン・エンライト 著 小澤 身和子

ヴァギナは妊娠、出産のためだけにあるのではない。セックス、生理、不妊、更年期……「なかったことにされがち」な女性器について語られる、持つ人・持ちたい人・持たない人のための軽やかなエッセイ。

  • 単行本 / 304頁
  • 2020.09.28発売
  • ISBN 978-4-309-24972-8

定価2,420円(本体2,200円)

○在庫あり

詳細を見る
アメリカ死にかけ物語

政治・経済・社会

アメリカ死にかけ物語

リン・ディン 著 小澤 身和子

旅をしながら出会ったホームレス、ドラッグ中毒、アル中といった市井の人々の「忘れられた声」に深く温かく切りこみ、アメリカの破綻を鋭く描いたノンフィクション。川上未映子氏、岸政彦氏推薦。

  • 単行本 / 344頁
  • 2018.10.27発売
  • ISBN 978-4-309-22751-1

定価3,520円(本体3,200円)

○在庫あり

詳細を見る