検索結果

呉 明益 (ゴ メイエキ)

1971年台北生まれ。現代台湾を代表する小説家・エッセイスト。97年、短篇集『本日公休』でデビュー。おもな小説に、『眠りの航路』『複眼人』『雨の島』など。『自転車泥棒』で国際ブッカー賞最終候補。

2件中 12件を表示 | 表示件数   件

歩道橋の魔術師

文庫・新書

歩道橋の魔術師

呉 明益 著 天野 健太郎

1979年、台北。中華商場の魔術師に魅せられた子どもたち。現実と幻想、過去と未来が溶けあう、どこか懐かしい極上の物語。現代台湾を代表する作家の連作短篇。単行本未収録短篇を併録。

  • 河出文庫 / 256頁
  • 2021.11.06発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-46742-9

予価1,078円(本体980円)

※未刊

詳細を見る
雨の島

外国文学

雨の島

呉 明益 著 及川 茜

ごく近い未来を舞台に、ウイルスプログラム「裂け目」から送られる親しい人々の記憶と、台湾の自然、動植物をモチーフとして描かれる美しい6つの短篇集。著者自作のカラー博物画6点収録。

  • 単行本 / 256頁
  • 2021.10.26発売
  • ISBN 978-4-309-20839-8

定価2,640円(本体2,400円)

○在庫あり

詳細を見る