検索結果

小川 洋子 (オガワ ヨウコ)

1962年岡山県生まれ。早稲田大学卒業。88年「揚羽蝶が壊れる時」で海燕新人文学賞、「妊娠カレンダー」で芥川賞、『博士を愛した数式』で読売文学賞、本屋大賞、『ミーナの行進』で谷崎潤一郎賞を受賞。

8件中 18件を表示 | 表示件数   件

遠慮深いうたた寝

日本文学

遠慮深いうたた寝

小川 洋子

神戸新聞連載の「遠慮深いうたた寝」を中心に、約10年分の中から作家の素顔が垣間見られる、極上エッセイを厳選収録。他に「手芸と始球式」「物語の向こうがわ」「読書と本と」で構成。

  • 単行本 / 256頁
  • 2021.11.10発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-03003-6

予価1,705円(本体1,550円)

※未刊

詳細を見る
約束された移動

日本文学

約束された移動

小川 洋子

ハリウッド俳優Bの泊まった部屋からは決まって一冊の本が抜き取られていた――。客室係の「私」だけが秘密を知る表題作など、静謐で豊かな小説世界が広がる、“移動する”6篇の傑作短編集。

  • 単行本 / 216頁
  • 2019.11.13発売
  • ISBN 978-4-309-02836-1

定価1,650円(本体1,500円)

○在庫あり

詳細を見る
小川洋子の陶酔短篇箱

文庫・新書

小川洋子の陶酔短篇箱

小川 洋子 編著

河童、猫、牧神、鮫……そして人間たち。彼らの気配が新たな声となって響く。川上弘美「河童玉」、泉鏡花「外科室」など魅惑の短篇小説十六篇と小川洋子のエッセイが奏でる極上のアンソロジー。

  • 河出文庫 / 360頁
  • 2017.06.06発売
  • ISBN 978-4-309-41536-9

定価946円(本体860円)

○在庫あり

詳細を見る
小川洋子の陶酔短篇箱

日本文学

小川洋子の陶酔短篇箱

小川 洋子 編著

河童、猫、牧神、鮫、鯉……。動物や生き物たちと人間たち。「河童玉」(川上弘美)、「愛撫」(梶井基次郎)など選び抜かれた16篇と小川洋子のエッセイが奏でる究極のアンソロジー集!

  • 単行本 / 364頁
  • 2014.01.14発売
  • ISBN 978-4-309-02246-8

定価2,090円(本体1,900円)

×品切・重版未定

詳細を見る
言葉の誕生を科学する

文庫・新書

言葉の誕生を科学する

小川 洋子岡ノ谷 一夫

人間が“言葉”を生み出した謎に、科学はどこまで迫れるのか? 鳥のさえずり、クジラの鳴き声……言葉の原型をもとめて人類以前に遡り、人気作家と気鋭の科学者が、言語誕生の瞬間を探る!

  • 河出文庫 / 216頁
  • 2013.11.06発売
  • ISBN 978-4-309-41255-9

定価704円(本体640円)

○在庫あり

詳細を見る
小川洋子の偏愛短篇箱

文庫・新書

小川洋子の偏愛短篇箱

小川 洋子 編著

この箱を開くことは、片手に顕微鏡、片手に望遠鏡を携え、短篇という名の王国を旅するのに等しい――十六作品に解説エッセイを付けて、小川洋子の偏愛する小説世界を楽しむ究極の短篇アンソロジー。

  • 河出文庫 / 360頁
  • 2012.06.06発売
  • ISBN 978-4-309-41155-2

定価1,034円(本体940円)

○在庫あり

詳細を見る
言葉の誕生を科学する

趣味・実用・芸術

河出ブックス

言葉の誕生を科学する

小川 洋子岡ノ谷 一夫

言葉は〈求愛の歌〉から生まれた。鳥のさえずり、クジラの鳴き声、ハダカデバネズミの歌……言語以前の“歌”から“言葉”へ、ジャンプした謎に、人気作家と気鋭の科学者が迫る。

  • 単行本 / 200頁
  • 2011.04.14発売
  • ISBN 978-4-309-62430-3

定価1,320円(本体1,200円)

×品切・重版未定

詳細を見る
小川洋子の偏愛短篇箱

日本文学

小川洋子の偏愛短篇箱

小川 洋子 編著

「この箱を開くことは、片手に顕微鏡、片手に望遠鏡を携え、短篇という王国を旅するのに等しい」。小川洋子が「奇」「幻」「凄」「彗」のこだわりで選んだ短篇作品集。谷崎から田辺聖子まで。

  • 単行本 / 360頁
  • 2009.03.12発売
  • ISBN 978-4-309-01916-1

定価2,090円(本体1,900円)

×品切・重版未定

詳細を見る