検索結果

朴 順梨 (パク スニ)

1972年、群馬県生まれ。早稲田大学卒業後、TV制作・情報誌編集を経てフリーライターとなり、「AERA」等に寄稿。元・在日韓国人三世。著書に『韓国のホンネ』(安田浩一氏との共著)『離島の本屋』がある。

2件中 12件を表示 | 表示件数   件

奥さまは愛国

文庫・新書

奥さまは愛国

北原 みのり朴 順梨

愛国思想を持ち、活動に加わる女性が激増している。彼女たちの動機は何か、社会に何を望み、何を守ろうとしているのか? フェミニストと元在日韓国人三世が、愛国女性たちの現場を訪ね、その実相に迫る。

  • 河出文庫 / 304頁
  • 2020.02.06発売
  • ISBN 978-4-309-41734-9

定価1,188円(本体1,080円)

○在庫あり

詳細を見る
奥さまは愛国

政治・経済・社会

奥さまは愛国

北原 みのり朴 順梨

いま日本で、愛国の思想を持ち、活動に関わる女性が増加している。 彼女たちの動機は何か、社会に望むものは何か。フェミニストと元・在日韓国人がそれぞれの視点でルポルタージュする。

  • 単行本 / 240頁
  • 2014.02.27発売
  • ISBN 978-4-309-24649-9

定価1,540円(本体1,400円)

×品切・重版未定

詳細を見る