検索結果

西股 総生 (ニシマタ フサオ)

1961年生まれ。学習院大学卒。考古学を学び数多くの発掘調査に携わる。城郭研究者として数百の戦国の城郭を踏査。現在もっとも気鋭の城郭・戦国史研究者。著作に『戦国の軍隊』『「城取り」の軍事学』など。

3件中 13件を表示 | 表示件数   件

東国武将たちの戦国史

文庫・新書

東国武将たちの戦国史

西股 総生

応仁の乱よりも50年ほど早く戦国時代に突入した東国を舞台に、単なる戦国通史としてだけではなく、戦乱を中世の「戦争」としてとらえ、「軍事」の視点で戦国武将たちの実情に迫る一冊。

  • 河出文庫 / 360頁
  • 2021.02.08発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-41796-7

予価990円(本体900円)

※未刊

詳細を見る
復元イラストでみる「東国の城」の進化と歴史

歴史・地理・民俗

復元イラストでみる「東国の城」の進化と歴史

西股 総生

復元イラストでみる、城郭発達史。戦国の城とは何か? なぜ城を築くのか? 地形、任務、時代背景……年代ごとの諸要因を読み解き、いかに東国の城が進化してきたのか軍事の視点で追う!!

  • 単行本 / 128頁
  • 2016.04.26発売
  • ISBN 978-4-309-22662-0

定価2,090円(本体1,900円)

○在庫あり

詳細を見る
東国武将たちの戦国史

歴史・地理・民俗

東国武将たちの戦国史
「軍事」的視点から読み解く人物と作戦

西股 総生

応仁の乱よりも50年ほど早く戦国時代に突入した東国を舞台に、単なる戦国通史としてだけではなく、戦乱を中世の「戦争」としてとらえ、「軍事」の視点で戦国武将たちの実情に迫る一冊。

  • 単行本 / 304頁
  • 2015.09.28発売
  • ISBN 978-4-309-22638-5

定価1,760円(本体1,600円)

○在庫あり

詳細を見る