検索結果

白石 朗 (シライシ ロウ)

翻訳家。1959年、東京都生まれ。早稲田大学第一文学部卒。訳書に、スティーヴン・キング『アウトサイダー』、ジョン・グリシャム『冤罪法廷』、ジェイムズ・ヒルトン『チップス先生、さようなら』他多数。

2件中 12件を表示 | 表示件数   件

はじめて読む!海外文学ブックガイド

児童書

14歳の世渡り術

はじめて読む!海外文学ブックガイド
人気翻訳家が勧める、世界が広がる48冊

越前 敏弥金原 瑞人三辺 律子白石 朗芹澤 恵ないとう ふみこ

《NHK基礎英語2》のテキスト連載「あなたに捧げるとっておき海外文学ガイド」を書籍化。英語圏に加え、12名の各国語の翻訳家による推薦書を新規収録。新しい世界を覗いてみない?

  • 単行本 / 224頁
  • 2022.07.14発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-61741-1

予価1,562円(本体1,420円)

※未刊

詳細を見る
見知らぬ乗客

文庫・新書

見知らぬ乗客

パトリシア・ハイスミス 著 白石 朗

妻との離婚を渇望するガイは、父親を憎む青年ブルーノに列車の中で出会い、提案される。ぼくはあなたの奥さんを殺し、あなたはぼくの親父を殺すのはどうでしょう?……ハイスミスの第一長編、新訳決定版。

  • 河出文庫 / 512頁
  • 2017.10.06発売
  • ISBN 978-4-309-46453-4

定価968円(本体880円)

○在庫あり

詳細を見る