検索結果

平川 祐弘 (ヒラカワ スケヒロ)

1931年、東京生まれ。東京大学名誉教授。比較文化史家。著書に、『和魂洋才の系譜』『ダンテ「神曲」講義』他。訳書に、ダンテ『神曲』『新生』、ボッカッチョ『デカメロン』、小泉八雲『骨董・怪談』他。

39件中 120件を表示 | 表示件数   件

心

文庫・新書


日本の内面生活がこだまする暗示的諸編

小泉 八雲 著 平川 祐弘

明治日本に永住し、日本の文化を世界へ発信したラフカディオ・ハーン=小泉八雲。「停車場にて」「ある保守主義者」他、珠玉のエッセイ・評論15編を収めた、日本解釈者ハーンの代表作。

  • 河出文庫 / 352頁
  • 2024.05.08発売
  • ISBN 978-4-309-46801-3

定価1,100円(本体1,000円)

○在庫あり

詳細を見る
西洋人の神道観

文庫・新書

西洋人の神道観
日本人のアイデンティティーを求めて

平川 祐弘

明治以来、西洋の作家や学者たちは、神道をどのように観察し、理解したか。「神道とはなにか」を国際的視野から読み解く画期的な書。周辺文明の国・日本の宗教を問う。第14回蓮如賞受賞。

  • 河出文庫 / 416頁
  • 2024.04.08発売
  • ISBN 978-4-309-42100-1

定価1,320円(本体1,200円)

○在庫あり

詳細を見る
怪談・骨董

文庫・新書

怪談・骨董

小泉 八雲 著 平川 祐弘

「耳なし芳一の話」「雪女」など、日本に伝わる伝説や怪談を文学として再話した傑作群を収める、小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の二大作品集『怪談』『骨董』を、ハーン研究の第一人者が個人完訳。

  • 河出文庫 / 416頁
  • 2024.02.06発売
  • ISBN 978-4-309-42085-1

定価990円(本体900円)

△3週間~

詳細を見る
ダンテ『神曲』講義 上

文庫・新書

ダンテ『神曲』講義 上

平川 祐弘

鼻持ちならない自信家にして、彫心鏤骨の苦心を重ねたダンテ。この偉大なる詩人の遺した世界の大古典を、もっとも読みやすい日本語訳テキストをもとに、詳細に読み解く。『神曲』が、いま生動する。

  • 河出文庫 / 528頁
  • 2023.05.09発売
  • ISBN 978-4-309-41963-3

定価1,540円(本体1,400円)

○在庫あり

詳細を見る
ダンテ『神曲』講義 下

文庫・新書

ダンテ『神曲』講義 下

平川 祐弘

鼻持ちならない自信家にして、彫心鏤骨の苦心を重ねたダンテ。この偉大なる詩人の遺した世界の大古典を、もっとも読みやすい日本語訳テキストをもとに、詳細に読み解く。『神曲』が、いま生動する。

  • 河出文庫 / 552頁
  • 2023.05.09発売
  • ISBN 978-4-309-41964-0

定価1,540円(本体1,400円)

○在庫あり

詳細を見る
昭和の大戦とあの東京裁判

日本文学

昭和の大戦とあの東京裁判

平川 祐弘

昭和の戦争と東京裁判の是非について、連合国側と日本側の異なる言語文化の資料を再検証することで浮かび上がる、知られざる過去の姿。同時代を生きた比較史家の泰斗がおくる渾身の書。

  • 単行本 / 400頁
  • 2022.03.09発売
  • ISBN 978-4-309-03029-6

定価2,970円(本体2,700円)

○在庫あり

詳細を見る
戦後の精神史

日本文学

戦後の精神史
渡邊一夫、竹山道雄、E・H・ノーマン

平川 祐弘

戦後、日本は内外でどのように捉えられてきたか? 戦後の代表的知識人、渡邊一夫と竹山道雄の二人を中心に、欧米の知日派知識人の動向も交えながら、比較文化史の泰斗が解く。

  • 単行本 / 240頁
  • 2017.10.27発売
  • ISBN 978-4-309-02621-3

定価2,200円(本体2,000円)

○在庫あり

詳細を見る
デカメロン 下

文庫・新書

デカメロン 下

ボッカッチョ 著 平川 祐弘

「百の物語には天然自然の生命力がみなぎっていて、読者の五感を楽しませるが、心の琴線にもふれる。一つとして退屈な話はない」(解説より)。物語文学の最高傑作の全訳決定版、完結編。

  • 河出文庫 / 536頁
  • 2017.05.08発売
  • ISBN 978-4-309-46444-2

定価1,320円(本体1,200円)

○在庫あり

詳細を見る
デカメロン 中

文庫・新書

デカメロン 中

ボッカッチョ 著 平川 祐弘

ボッティチェリの名画でも有名なナスタージョ・デリ・オネスティの物語をはじめ、不幸な事件を経てめでたく終わる男女の話、機転で危機を回避した話など四十話を収めた中巻。無類の面白さを誇る物語集。

  • 河出文庫 / 560頁
  • 2017.04.06発売
  • ISBN 978-4-309-46439-8

定価1,320円(本体1,200円)

○在庫あり

詳細を見る
デカメロン 上

文庫・新書

デカメロン 上

ボッカッチョ 著 平川 祐弘

ペストが蔓延する十四世紀フィレンツェ。郊外に逃れた男女十人が面白おかしい話で迫りくる死の影を追い払おうと、十日のあいだ語りあう百の物語。最高の名訳でおくる不滅の大古典。全訳決定版、第一弾。

  • 河出文庫 / 560頁
  • 2017.03.07発売
  • ISBN 978-4-309-46437-4

定価1,320円(本体1,200円)

○在庫あり

詳細を見る
完本 和魂洋才の系譜

日本文学

完本 和魂洋才の系譜
内と外からの明治日本

平川 祐弘

日本人は西洋という異質の文明と対峙したとき、その衝撃に対してどのように応答したか。明治という過渡期を縦横に考察し、「日本とは何か」を解き明かしてゆく画期的名著。著者代表作。

  • 単行本 / 434頁
  • 2016.06.28発売
  • ISBN 978-4-309-22660-6

定価4,180円(本体3,800円)

×品切・重版未定

詳細を見る
心

日本文学

個人完訳 小泉八雲コレクション

日本の内面生活がこだまする暗示的諸編

小泉 八雲 著 平川 祐弘

明治日本を愛情をもって活写した小泉八雲=ラフカディオ・ハーン。「停車場にて」「ある保守主義者」などを収めた代表作『心』が名訳で甦る。日本人とは何か。いま読まれるべき名著。

  • 単行本 / 424頁
  • 2016.05.27発売
  • ISBN 978-4-309-02434-9

定価2,640円(本体2,400円)

×品切・重版未定

詳細を見る
新生

文庫・新書

新生

ダンテ 著 平川 祐弘

『神曲』でダンテを天国へと導く永遠の女性・ベアトリーチェとの出会いから死別までをみずみずしく描いた、文学史上に輝く名著。ダンテ、若き日の心の自伝。『神曲』の名訳者による口語訳決定版。

  • 河出文庫 / 256頁
  • 2015.07.07発売
  • ISBN 978-4-309-46411-4

定価792円(本体720円)

○在庫あり

詳細を見る
日本語で生きる幸福

趣味・実用・芸術

日本語で生きる幸福

平川 祐弘

英語が世界の支配語となった現代、辺境の国の言語・日本語の運命は? 比較文化史の大家が広範な知見のもとに考察する、画期的な日本語論。『日本語は生きのびるか』改題・新編集版。

  • 単行本 / 288頁
  • 2014.12.02発売
  • ISBN 978-4-309-02335-9

定価858円(本体780円)

×品切・重版未定

詳細を見る
日本の正論

日本文学

日本の正論

平川 祐弘

大新聞の主張は正しいか? 日本国憲法に掲げるべき言葉とは? 外国に媚びず、日本至上主義もまたとらない。ベストセラー『日本人に生まれて、まあよかった』の著者が贈る日本人への提言。

  • 単行本 / 272頁
  • 2014.08.25発売
  • ISBN 978-4-309-24667-3

定価836円(本体760円)

×品切・重版未定

詳細を見る
骨董・怪談

日本文学

骨董・怪談
個人完訳 小泉八雲コレクション

小泉 八雲 著 平川 祐弘

「耳なし芳一」「雪女」等あまりに有名な怪談を収める、小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の二大作品集『怪談』『骨董』を、ハーン研究の第一人者が個人完訳。ハーン没後110年記念出版。

  • 単行本 / 400頁
  • 2014.06.27発売
  • ISBN 978-4-309-02299-4

定価2,420円(本体2,200円)

×品切・重版未定

詳細を見る
西洋人の神道観

日本文学

西洋人の神道観
日本人のアイデンティティーを求めて

平川 祐弘

明治以来、西洋の作家や学者たちは、神道をどのように観察し、理解したか。「神道とはなにか」を国際的視野から読み解く画期的な書。周辺文明の国・日本の宗教を問う。

  • 単行本 / 344頁
  • 2013.05.28発売
  • ISBN 978-4-309-02185-0

定価3,080円(本体2,800円)

×品切・重版未定

詳細を見る
デカメロン

外国文学

デカメロン

ボッカッチョ 著 平川 祐弘

ペストが蔓延する14世紀フィレンツェ。郊外に逃れた男女10人がおもしろおかしい話で迫りくる死の影を追い払おうと、10日のあいだ語りあう100の物語。不滅の大古典、新訳決定版。

  • 単行本 / 772頁
  • 2012.10.12発売
  • ISBN 978-4-309-20604-2

定価7,260円(本体6,600円)

×品切・重版未定

詳細を見る
内と外からの夏目漱石

日本文学

内と外からの夏目漱石

平川 祐弘

19世紀末から20世紀初頭にかけて、漱石は世界に誇る知識人だった。漱石の師マードックから魯迅まで外国人との関係性など〈内と外〉とに視野を広げ、比較文学的に国民作家を読み解く。

  • 単行本 / 496頁
  • 2012.07.27発売
  • ISBN 978-4-309-02119-5

定価4,180円(本体3,800円)

×品切・重版未定

詳細を見る
中世の四季

外国文学

KAWADEルネサンス

中世の四季
ダンテ『神曲』とその周辺

平川 祐弘

ヨーロッパ中世にそびえ立つ金字塔『神曲』。深く豊かなその世界を現代に生きる古典として味読し、文化論的考察を加えた名著。『神曲』の名訳者が贈る初の〈ダンテ『神曲』講義〉。

  • 単行本 / 432頁
  • 2012.06.25発売
  • ISBN 978-4-309-20595-3

定価4,620円(本体4,200円)

×品切・重版未定

詳細を見る