ピックアップ

河出文庫【3月新刊】

2024.03.06更新

河出文庫3月6日発売です。
*地域により発売日に差が生じることがございます。

日本霊異記・発心集

文庫・新書

古典新訳コレクション

日本霊異記・発心集

伊藤 比呂美

平安初期に景戒によって善悪、奇跡や怪異などを描いた最古の説話集「日本霊異記」と、鎌倉初期の鴨長明による仏教説話「発心集」。古典新訳に定評のある詩人・伊藤比呂美が両作品から厳選、渾身の新訳。

  • 河出文庫 / 232頁
  • 2024.03.06発売
  • ISBN 978-4-309-42086-8

定価880円(本体800円)

○在庫あり

詳細を見る
堤中納言物語

文庫・新書

古典新訳コレクション

堤中納言物語

中島 京子

作者・編者ともに不詳、ミステリアスでユーモアに溢れる日本最古の短篇物語集『堤中納言物語』。中島京子による名訳により生き生きと蘇る「可笑しみ」を堪能できる10篇を収録。

  • 河出文庫 / 176頁
  • 2024.03.06発売
  • ISBN 978-4-309-42087-5

定価770円(本体700円)

○在庫あり

詳細を見る
スペース金融道

文庫・新書

スペース金融道

宮内 悠介

「宇宙だろうと深海だろうと、核融合炉内だろうと零下190度の惑星だろうと取り立てる」植民惑星・二番街の金融会社に勤務する「ぼく」は、凄腕の上司とともに今日も債権回収へ。超絶SF連作集。

  • 河出文庫 / 320頁
  • 2024.03.06発売
  • ISBN 978-4-309-42088-2

定価968円(本体880円)

○在庫あり

詳細を見る
鬼とはなにか

文庫・新書

鬼とはなにか
まつろわぬ民か、縄文の神か

戸矢 学

来訪神は、鬼の姿で現れ福音をもたらし、太古の土俗神たちも、異形の鬼として荒ぶる神となるが、転じて守護神となる。怨霊、鬼道、鬼門、伝説などから、鬼は神と捉える日本人の信仰心の原像に迫る。

  • 河出文庫 / 224頁
  • 2024.03.06発売
  • ISBN 978-4-309-42089-9

定価880円(本体800円)

○在庫あり

詳細を見る
自分はバカかもしれないと思ったときに読む本

文庫・新書

自分はバカかもしれないと思ったときに読む本

竹内 薫

バカがいるのではない、バカはつくられるのだ! 人気サイエンス作家がバカをこじらせないための秘訣を伝授。学生にも社会人にも効果テキメン! カタいアタマをときほぐすやわらか思考問題付き。新装版。

  • 河出文庫 / 208頁
  • 2024.03.06発売
  • ISBN 978-4-309-42092-9

定価858円(本体780円)

△2週間~

詳細を見る
結ぼれ

文庫・新書

結ぼれ

R・D・レイン 著 村上 光彦

結ぼれ、絡みあい、こんがらがり、袋小路、支離滅裂、堂々めぐり、きずな――異才の精神科医が詩の言葉として書きつけた、人間を束縛する関係性の模様。「詩人」レインの原点たる寓話性に満ちた伝説の書。

  • 河出文庫 / 176頁
  • 2024.03.06発売
  • ISBN 978-4-309-46797-9

定価891円(本体810円)

○在庫あり

詳細を見る
とうに夜半を過ぎて

文庫・新書

とうに夜半を過ぎて

レイ・ブラッドベリ 著 小笠原 豊樹

死体を乗せ走る救急車のなかで交わされる会話の戦慄、チョコレート中毒の男が神父に語る懺悔、子供時代のいじめっ子を殺そうと思い立ち故郷に帰った中年男。SFの詩人が贈るとっておきの二十二篇。新装版

  • 河出文庫 / 480頁
  • 2024.03.06発売
  • ISBN 978-4-309-46798-6

定価1,210円(本体1,100円)

○在庫あり

詳細を見る