ジャンル: 
  1. 日本文学 > 
  2. 小説

心揺さぶる、最高のデビュー作!

単行本

キョウノヒハサヨウナラ

きょうの日は、さようなら

石田 香織

単行本 46 ● 224ページ
ISBN:978-4-309-02578-0 ● Cコード:0093
発売日:2017.07.12

定価1,512円(本体1,400円)

○在庫あり

  • かつて兄だったキョウスケが、勝手に私の人生へと戻って来た、立派な「あかんたれ」になって――家族や親友や恋人より大切な運命の物語。心揺さぶる最高のデビュー小説! 斎藤美奈子氏推薦。

著者

石田 香織 (イシダカオリ)

一九七六年、兵庫県生まれ。神戸市在住。森田雄三創作塾にて創作を学ぶ。本作で作家デビュー。

読者の声

この本に寄せられた読者の声一覧

母ってなんだろう?

冒頭のキョウコの生みの母親が亡くなったあと、
彼女は様々な母に出会ってきた。

スミレさんにしかり、オカマのママたちもどこか母のような。
形は問わず、「母のような人」には出会えるのだろう。

生みの親よりも、スミレさんのことをよく回想するキョウコに、少し違和感を感じながらも、過ごす時間の貴重さと想い出の作り方とは何事かをを感じた。

また折々出てくる飴、ケーキ、などの食べ物も、思い出を重ねるには易しいのだと感じた。

今を生きるだけではなく、過去を重ねた上にある「いま」の捉え方に作者なりの記憶の重ね方を垣間見た。

時間を空けての再開は、無理やり記憶を続けて重ねているようで、その軋みに胸がキリキリと痛みました。

母、食べ物、思い出。そして、神戸と思われる街並み。

作者の視点で周りを見渡してみる。
そんな一冊です。 (3710 さん/33歳 女性)

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳