ジャンル: 
  1. 日本文学 > 
  2. 随筆・紀行
  1. 日本文学 > 
  2. 評論・研究

単行本

リカイトイウナノアイガホシイ

理解という名の愛がほしい

おとなの小論文教室。Ⅱ

山田 ズーニー

発行部数
2万部突破

単行本 46 ● 232ページ
ISBN:978-4-309-01745-7 ● Cコード:0095
発売日:2006.03.14

定価1,404円(本体1,300円)

×品切・重版未定

  • 「ほぼ日」コラム「おとなの小論文教室。」から第2弾。人とどうつながっていくか。孤独の哀しみをのり越えて、ひらき、出逢い、心で通じ合う、自分にうそをつかないで人とつながる、勇気のレッスン。

  • 第1章――連鎖
    連鎖/生きる実感/「おわび」の時間/続・「おわび」の時間/「通じ合う」という問題解決/正直のレベルをあげる/理解の言葉を伝えて/哀しいうそ/「お願い」の肝 /ブレイクスルーの思考法
    第2章――本当のことが言えてますか?
    毒/話していておもしろい人/なぜか饒舌になるとき/声に宿るもの/ゴールから架かる橋/もっと抽象度の高いところで人は選ぶ
    第3章――人とつながる力
    表現者の見方/スランプをのり切る――表現者の味方(2)/言えなかった「ひと言」/連鎖2――母の哀しみ/コンテンツLOVE――連鎖(3)/再開――連鎖(4)/「おとな」というシステム――(5)/独立感覚

著者

山田 ズーニー (ヤマダ ズーニー)

全国各地で、表現教室のワークショップ、大学講義、講演などを通じ、表現力・考える力・コミュニケーション力の育成に幅広く活躍中。『伝わる・揺さぶる!文章を書く』『おとなの小論文教室。』他著書多数。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳