ジャンル: 
  1. 日本文学 > 
  2. 小説

聖地で出会った、ふたつの星
私が愛したのは悪魔だった――

単行本

シロトクロガデアウトキ

白と黒が出会うとき

新堂 冬樹

単行本 46/ハードカバー ● 388ページ
ISBN:978-4-309-01975-8 ● Cコード:0093
発売日:2010.04.13

定価1,728円(本体1,600円)

×品切・重版未定

  • 看護師の前に現れた、ひとりの男。彼は女性にこう囁いた。「この病院は、まもなく倒産します」……鬼才・新堂冬樹が病院乗っ取りという社会問題をテーマに挑む、衝撃と感涙の書き下ろし長篇!

著者

新堂 冬樹 (シンドウ フユキ)

1988年、『血塗られた神話』でメフィスト賞を受賞しデビュー。著書に『ろくでなし』『無間地獄』『カリスマ』『溝鼠』『悪の華』『忘れ雪』『黒い太陽』『枕女優』『引き出しの中のラブレター』他多数。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳