ジャンル: 
  1. 日本文学 > 
  2. 小説

「サカグチニ、ダカレテイル。」

単行本

ワタシタチハマダソノバショヲシラナイ

わたしたちはまだ、その場所を知らない

小池 昌代

受賞
日経 / 全国学校図書館協議会選定図書

単行本 46/ハードカバー ● 208ページ
ISBN:978-4-309-01986-4 ● Cコード:0093
発売日:2010.06.17

定価1,728円(本体1,600円)

×品切・重版未定

  • 学校には、日の当たらない場所がある。詩に惹かれる女子生徒と女性教師の、とり残された風景での交わり。どこにもまだない場所の、希望を微かに感じさせる明るさを描く長篇小説。

    著者コメント

     この本には、「詩」を媒介にしてつながりあう、中学生男女と教師が登場します。
    詩を書きたいと切望しながら、詩が書けずにいる主人公のミナコは、かつてのわたし自身のようです。
     詩を書くことばかりでなく、詩を探し、詩を求める、その行為がすでに詩なのだと、わたしはずっと思ってきました。しかしなぜ、詩を追い求めてきたのか、今も、追い続けているのか。自分でも不思議でなりません。詩それ自体は、何の助けにもならないのに。
     「詩」と人間の関わりのほかに、もうひとつ、考えたかったのが、「場所」と人間の関わりです。
     人間が人間らしく生きられる場所と、詩が生まれてくる場所は、重なりあうはず。そんな思いを、今持っています。
     ラストに至って、意図したことではありませんでしたが、とある場所へ、光が差しこんできます。
     一冊にまとめるまでに、たいへん苦しんだ作品ですが、最後に至って、静かなよろこびがわき上がってきました。わたしには珍しいことでした。
     書きあげてよかったと、心から思いましたが、さらにこの一冊を、誰かに手渡したいと、そんなことまでを思ったのも、初めてのことでした。

    小池昌代

著者

小池 昌代 (コイケ マサヨ)

1959年東京生まれ。詩と小説に従事。主な著作に、詩集『もっとも官能的な部屋』(高見順賞)『コルカタ』(萩原朔太郎賞)短篇集『タダト』(表題作で川端賞)、長篇『たまもの』(泉鏡花賞)等がある。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳