ジャンル: 
  1. 日本文学 > 
  2. 小説

単行本

キツネノツキ

きつねのつき

北野 勇作

受賞
全国学校図書館協議会選定図書

単行本 46 ● 264ページ
ISBN:978-4-309-02057-0 ● Cコード:0093
発売日:2011.08.26

定価1,728円(本体1,600円)

×品切・重版未定

  • 人に化けた者たちが徘徊する町で、天井に貼りつく妻と、娘の春子と3人で静かに暮らす。それが正しいことかはわからない。私がそう決めたのだ……。切ない感動に満ちた再生の物語。

著者

北野 勇作 (キタノ ユウサク)

1962年、兵庫県生まれ。92年、『昔、火星のあった場所』で日本ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞、2001年、『かめくん』で日本SF大賞受賞。著書に『どーなつ』『どろんころんど』『きつねのつき』他。

読者の声

この本に寄せられた読者の声一覧

父と娘、仲むつまじく暮らす親子。三歳の春子は最近よく言葉をおぼえ、舌足らずながら色々なことを話してくる。語り手である私は、それがとてもうれしい。毎日が驚きと発見の日々だ。そんな二人の日常が淡々と描かれる。そして、そこに非日常的なものが侵食してくる。大きな災害の後に残された人々の日常を描いているらしい。その災害が何なのかは最後まで明確に語られない。主人公の私がそれにどういう風に関わったのかも、彼の妻がその時、どんな目にあったのかも詳細は明らかにされない。真相は闇の中だ。しかし、その事実があってそれを乗りこえた人々がいる。環境の変化、世界の変化、すべてを受け入れてなんとか生きていこうとしている人々がいる。それが主人公である私と彼の娘の春子を取りまく世界を描くことによってディティールを語らずとも直球で読者の胸に届いてくる。ほのぼのと不気味に。 (beck さん/43歳 男性)

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳