ジャンル: 
  1. 日本文学 > 
  2. 随筆・紀行

単行本

サイゴノサクラ

最後の桜

妻・大庭みな子との日々

大庭 利雄

受賞
読売

単行本 46 ● 252ページ
ISBN:978-4-309-02189-8 ● Cコード:0095
発売日:2013.05.23

定価1,980円(本体1,800円)

×品切・重版未定

  • 妻・大庭みな子と過ごした58年。濃密な夫婦の歳月を描く感動作。妻が半身不随となった晩年の10年は献身的な介護で支え、夫婦一心同体となり執筆活動を続けた。夫から亡き妻へ、永遠の恋文。

著者

大庭 利雄 (オオバ トシオ)

1929年千葉県生まれ。東京大学工学部卒業。55年、大庭みな子と結婚。59~70年までアラスカ移住。退職後、妻の秘書を務める。著書に『自然のなかでの人間』『人間が生きのびる道』『終わりの蜜月』等。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳