ジャンル: 
  1. 日本文学 > 
  2. 随筆・紀行

単行本

ハマダマリノオヤコバトル

濱田マリの親子バトル!

濱田 マリ

単行本 46 ● 280ページ
ISBN:978-4-309-02626-8 ● Cコード:0095
発売日:2017.11.30

定価1,512円(本体1,400円)

○在庫あり

  • 女優・濱田マリが愛娘の幼稚園から大学入学まで、なんと13年間の長きにわたって隔月で書き紡いだ「定点観測・子育てエッセイ」。抱腹絶倒ときどきホロリ。芸歴25年、満を持しての初単著

    13 年間の長きにわたり2 か月にいっぺん書き紡いできた《定点観測子育てエッセイ》
    女優・濱田マリによる子育てエッセイ発売!
    愛娘の幼稚園から大学入学まで、13 年間の長きにわたり2 か月にいっぺん書き紡いできた《定点観測子育てエッセイ》です。

    目に入れても痛くない幼稚園のころから、反抗期で手の付けられない中高を経て大人の女性に仲間入りした大学入学まで、13年にもわたる多感な時期に子どもとの関係をしっかり築きながらもゆる~く書かれたエッセイです。笑えて泣けるこんな貴重な記録他にありません。

    タワーレコードのフリーマガジン『イントキシケイト』の長寿人気連載がついに単行本化。単行本オリジナルとして巻末に愛娘とのツンデレ対談も収録しました。
    芸歴25年、満を持しての初単著です。

    ーーーーー

    子育てしながら感じた喜びも苦労も、スーッと頭の中から消えてしまいそうなお年頃の私ですが、幸せ♡を感じときはそれを存分に味わうこと。最悪やん!な時もここぞとばかりにそれを楽しむこと。そういうスキルが必要だと思う。長い人生を送るためにはギャップ、必要ですもの。(「あとがき」より)

    アレだな。俺も将来こんな関係になれたら、わりと満点だな。
    現在5歳の息子と。
    俳優・佐藤二朗氏

    どうやら、子どもというのは小さいときはもちろん大きくなってからも、ずっと可愛いままらしい。濱田さんの、そのときどきの流行りやエンターテイメントによっても左右される育児の日々は、とても輝いている。
    作家・山崎ナオコーラ氏


    【著者略歴】
    1968 年12 月27 日、兵庫県出身。
    1992 年にモダンチョキチョキズのヴォーカルとしてデビュー。その後、1997 年俳優として新たなフィールドに立ち、また独特の声で、1998 年より始まった『あしたまにあ~な』(関東ローカル)をきっかけにテレビ番組のナレーターとして活動の場を広げる。映画では『猫の恩返し』(2002 年)のナトル役(声の出演)や、『血と骨』(2004 年)、『アンフェア the movie』(2007 年)、『愚行録」(2017 年)、『いぬやしき』(2018年公開予定)などに出演。またNHK 連続テレビ小説『カーネーション』では安岡玉枝役を、『マッサン』では、ヒロイン・エリーの生涯の友となるキャサリン役を演じ、数多くのテレビドラマや映画に出演。2017 年4月からNHK『ごごナマ』でMC を勤めている。
    本書が初の単著となる。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳