ジャンル: 
  1. 日本文学 > 
  2. 随筆・紀行

単行本

ニンゲンノカイボウハサルノカイボウノタメノカギデアル

人間の解剖はサルの解剖のための鍵である

吉川 浩満

単行本 46 ● 368ページ
ISBN:978-4-309-02708-1 ● Cコード:0095
発売日:2018.07.20(予定)

予価2,376円(本体2,200円)

※未刊

  • 「人間」ってなんだっけ? 近代の人間観が揺れている。ロボット、人工知能、ゲノム編集、ナッジ、認知バイアス、利己的遺伝子……ポストヒューマン状況に生きる私たちの診断書。

著者

吉川 浩満 (ヨシカワヒロミツ)

1972年生。慶應義塾大学総合政策学部卒業。国書刊行会、ヤフーを経て、文筆業。著書に『理不尽な進化』、共著書に『脳がわかれば心がわかるか』『問題がモンダイなのだ』(ともに山本貴光との共著)ほか。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳