ジャンル: 
  1. 日本文学 > 
  2. 随筆・紀行

単行本

チョコットツマミ

ちょこっと、つまみ

おいしい文藝

伊丹 十三

角田 光代

島田 雅彦

受賞
全国学校図書館協議会選定図書

単行本 46 ● 208ページ
ISBN:978-4-309-02864-4 ● Cコード:0095
発売日:2020.03.21

定価1,760円(本体1,600円)

○在庫あり

  • 酒を旨く飲めるかは「つまみ」次第。文筆界の「左党」たちによる、お気に入りつまみについてのエッセイを集めたアンソロジー。呑兵衛たちにはたまらない下戸にもグッとくる36篇を収録。

  • わが身辺に低廉の佳肴あり(檀一雄)
    おつまみ(アーティショーその他)(伊丹十三)
    三分おつまみ帳(牧野伊三夫)
    ポテト・フライ(池波正太郎)
    燗酒と自分で作る小さな酒の肴(川本三郎)
    ちょっと一杯(山田風太郎)
    思い出し肴(阿川佐和子)
    久保万先生と酒肴(福田蘭童)
    父(高橋みどり)
    東京の下町、居酒屋はしご酒(抄)(島田雅彦)
    丈夫なからだで「吉呑み」(東海林さだお)
    会津をめぐる伝統の酒肴(抄)(宇能鴻一郎)
    チーカマ放浪記(種村季弘)
    寄席がハネたら行きたい店(柳家小満ん)
    寄り合い酒にはナスの古漬け(椎名誠)
    酒と肴のこと(田辺聖子)
    九州@東京(江國香織)
    あくなき執念の味(鴨居羊子)
    酒、肴、酒(吉田健一)
    蜻蛉返り(佐藤垢石)
    干物と酒─さまざまな干物と酒の取り合わせを考える(古谷三敏)
    おからでシャムパン(内田百閒)
    シウマイ弁当de缶ビール(久住昌之)
    アジのヒメノ式─上戸と下戸のあいだに流れる深い川(姫野カオルコ)
    教え子の焼酎 ホタテ、エビ……串焼き肴に(小泉武夫)
    酒のさかな(遠藤周作)
    どぜう(獅子文六)
    イカとビールとふぐ(吉村昭)
    塩豆とビール(平松洋子)
    葱(吉行淳之介)
    みんでんなす(杉浦日向子)
    突然出会う(角田光代)
    海鼠(辰巳浜子)
    貝鍋の歌(中谷宇吉郎)
    最も日本的なもの(丸谷才一)
    おつまみ作法(澁澤龍彦)

著者

伊丹 十三 (イタミ ジュウゾウ)

1933年生まれ。映画監督、俳優、エッセイスト、テレビマン、CM作家、商業デザイナーなど、興味のおもむくままに様々な分野の職業に分け入り、多彩な才能を発揮。翻訳も多数手がけた。1997年没。

角田 光代 (カクタ ミツヨ)

1967年、神奈川県生まれ。90年「幸福な遊戯」で海燕新人文学賞を受賞し、デビュー。著書に『対岸の彼女』(直木賞)、『八日目の蝉』(中央公論文芸賞)、『紙の月』(柴田錬三郎賞)など多数。

島田 雅彦 (シマダ マサヒコ)

1961年生まれ。83年、「優しいサヨクのための嬉遊曲」でデビュー。以来、現代文学の中心的存在として第一線を走り続ける。最近の著書に『暗黒寓話集』、『虚人の星』、『カタストロフ・マニア』など。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳