ジャンル: 
  1. 外国文学 > 
  2. 小説・戯曲・詩歌

シリーズ: 
  1. Modern&Classic

全集・シリーズ

スコルタノタイヨウ

スコルタの太陽

ロラン・ゴデ

新島 進

受賞
ゴンクール賞、ジャン・ジオノ賞審査員賞受賞、日経 / 全国学校図書館協議会選定図書

単行本 46 ● 248ページ
ISBN:978-4-309-20493-2 ● Cコード:0097
発売日:2008.06.16

定価1,944円(本体1,800円)

×品切・重版未定

  • 南イタリア、灼熱の太陽のもと、村の広場に地獄の使いのような一人の男が現れた。スコルタ一族の、5世代に渡る呪われた宿命との戦い。ゴンクール賞、ジャン・ジオノ賞審査員賞ダブル受賞!

著者

ロラン・ゴデ (ゴデ,ロラン)

1972年パリ生まれ。劇作家として活躍していたが、その後小説作品も手がけるようになる。特に2002年発表の第二長編小説『ツォンゴール王の死』はフランス本国で大ベストセラーとなり、〈高校生が選ぶゴンクール賞〉と〈書店賞〉に選ばれた。ギリシア神話や古典悲劇などから自由に材をとり、また、戦争状態における不条理な世界を舞台にするなど、その普遍性の高い悲劇作品は現代フランス作家のなかでも異色の存在。歯切れのよい、簡素で詩的な文体に対する評価も高い。2004年に本書『スコルタの太陽』を発表し、〈ゴンクール賞〉および〈ジャン・ジオノ賞(審査員賞)〉を受賞。現代フランス演劇界、文学界でもっとも期待される若手作家の一人。小説作品に『叫び』、『ツォンゴール王の死』、『スコルタの太陽』、『エルドラド』、『モザンビークの夜に』。戯曲作品に『怒れるオニュソス』、『メディア=カーリー』、『いけにえの女たち』ほか多数。

新島 進 (ニイジマ ススム)

1969年埼玉県生まれ。慶應義塾大学文学部仏文科卒、同大学院修士課程およびレンヌ第二大学博士課程修了。現在、慶應義塾大学准教授。訳書にエチエンヌ・バラール『オタク・ジャポニカ』(河出書房新社)、レーモン・ルーセル『額の星 無数の太陽』(共訳・人文書院)、ダイ・シージエ『バルザックと小さな中国のお針子』(早川書房)、『フロイトの弟子と旅する長椅子』(同)ほか。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳