単行本

チチヲオモウ

父を想う

ある中国作家の自省と回想

閻 連科

飯塚 容

受賞
毎日

単行本 46変形 ● 228ページ
ISBN:978-4-309-20704-9 ● Cコード:0098
発売日:2016.05.26

定価2,420円(本体2,200円)

○在庫あり

  • 中国の黄色い大地で、家族のために働き抜いた父や伯父たち。厳しくも慈愛溢れる彼らの生き様は古き良き中国を体現していた。文革、貧困、戦争……ノーベル賞候補作家による感動のエッセイ。

著者

閻 連科 (エン レンカ)

1958年中国河南省生まれ。80年代から小説を発表。2003年『愉楽』で老舎文学賞受賞。その後、『丁庄の夢』などが発禁扱いとなる。2014年フランツ・カフカ賞受賞。ノーベル賞の有力候補と目されている。

飯塚 容 (イイヅカ ユトリ)

1954年生まれ。中央大学文学部教授。訳書に、余華『活きる』『死者たちの七日間』、高行健『霊山』『ある男の聖書』、蘇童『河・岸』、畢飛宇『ブラインド・マッサージ』など。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳