単行本

セカイノハテノモノガタリ

“世界の果て”の物語

地上の楽園をめざした34の冒険譚

ドミニク・ラニ

鳥取 絹子

キャリン・ドゥリング=フロジェ

単行本 菊変形 ● 144ページ
ISBN:978-4-309-20746-9 ● Cコード:0098
発売日:2018.07.23

定価3,278円(本体2,980円)

○在庫あり

  • 「世界」はどのように発見されてきたのか? 神話や伝説、妄想、わずかな情報を元に、希望と欲を原動力に地の果てへと邁進した古代の探検家、歴史家、旅行家たちの摩訶不思議な冒険譚。

著者

ドミニク・ラニ (ドミニク・ラニ)

1976年生。民族学者、人類学者。専門は 17、18 世紀のフランス語圏文学や現代フランス語圏の劇作術。著書に『南アフリカ、複数国家の誕生』(未邦訳)他多数。出版社「エディション・パッサージュ」代表。

鳥取 絹子 (トットリ キヌコ)

フランス語翻訳家、ジャーナリスト。お茶の水女子大学卒業。訳書は、『素顔のココ・シャネル』、『私はガス室の「特殊任務」をしていた』、『バルテュス、自身を語る』、『帝国の最期の日々』など、多数。

キャリン・ドゥリング=フロジェ (ドゥリングフロジェ,キャリン)

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳