ジャンル: 
  1. 歴史・地理・民俗 > 
  2. 日本の歴史

単行本

コダイテンノウトオンミョウリョウノシソウ

古代天皇と陰陽寮の思想

持統天皇歌の解読より

江口 洌

単行本 46 ● 288ページ
ISBN:978-4-309-22359-9 ● Cコード:0021
発売日:1999.12.20

定価2,700円(本体2,500円)

×品切・重版未定

  • 古代史のキーパーソン・持統天皇の名歌「春過ぎて夏来たるらし」の独創的解読により、古代社会での陰陽五行・道教思想による世界観を初めて明らかにし、暦法から紀年論に及ぶ画期的論考。

著者

江口 洌 (エグチ キヨシ)

1938年、佐賀県鹿島市出身。国学院大学大学院修士課程終了後、渡米。バッフネール大学、スタンフォード大学、シカゴ大学講師。帰国後、千葉商科大学教授。主著『大友家持研究』『古代天皇と陰陽寮の思想』『「日本書記」紀年の研究』など。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳