ジャンル: 
  1. 哲学・思想・宗教 > 
  2. 哲学・思想

単行本

ケイケンロントシュタイセイ

経験論と主体性

ヒュームにおける人間的自然についての試論

ジル・ドゥルーズ

木田 元

財津 理

単行本 46 ● 260ページ
ISBN:978-4-309-24223-1 ● Cコード:0010
発売日:2000.01.10

定価3,024円(本体2,800円)

×品切・重版未定

  • ドゥルーズが20代で仕上げた処女作。想像と妄想、虚構と自然が渾然一体となり〈主体〉へと生成する未曾有の世界。真に独創的なヒューム論であり、後の思索の全てが萌芽状態で含まれている。

著者

ジル・ドゥルーズ (ドゥルーズ,G)

1925年パリ生まれの哲学者。1995年、自ら死を選ぶ。スピノザやニーチェの研究を通じ西欧哲学の伝統を継承しつつその批判者となる。主著ーF・ガタリと共著『アンチ・オイディプス』『千のプラトー』『哲学とは何か』他。

木田 元 (キダゲ ン)

財津 理 (ザイツ オサム)

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳