ジャンル: 
  1. 歴史・地理・民俗 > 
  2. 世界の歴史

単行本

20セイキロシアブンカゼンシ

20世紀ロシア文化全史

政治と芸術の十字路で

ソロモン・ヴォルコフ

今村 朗

沼野 充義

単行本 A5 ● 408ページ
ISBN:978-4-309-24899-8 ● Cコード:0022
発売日:2019.04.26(予定)

予価5,940円(本体5,500円)

※未刊

  • トルストイからソルジェニーツィンまで、文学、音楽、美術、演劇、映画、バレエの綺羅星のようなスター芸術家の肖像を、時の権力者との関係をふまえて物語性豊かに描いた初の通史。

    戦争、革命、テロル、雪解け、崩壊……政治と芸術の相互関係を描く波瀾万丈の真実の物語!!!
    トルストイ、チェーホフ、ゴーリキー、ブルガーコフ、マヤコフスキー、ショスタコーヴィチ、ソルジェニーツィン……。20世紀ロシア芸術のオールスターが登場する絢爛豪華な逸話の数々。

    驚くべき芸術的感性と膨大な情報量に織り上げられた〈ロシア悲劇〉のタペストリー。21世紀の〈心ある知性=グローバル教養人〉に贈る最高の書。すばらしいの一言に尽きる
    ──亀山郁夫

    本書では、血なまぐさい惨事に満ち、恐怖に侵された歴史を陰鬱な背景として、20世紀ロシア芸術のオールスターが勢ぞろいし、豪華絢爛な舞台を繰り広げる。作家、詩人、画家、音楽家、演劇人、映画監督から、バレエ・ダンサーにいたるまでが、これでもか、これでもかと次々に登場する様は、まさに壮観というしかない。──沼野充義(本書「解説」より)

    本書のおもな登場人物
    トルストイ、チェーホフ、スタニスラフスキー、ゴーリキー、ギッピウス、ブローク、ディアギレフ、シャリャーピン、ストラヴィンスキー、ニジンスキー、マレーヴィチ、メイエルホリド、フレーブニコフ、マヤコフスキー、マンデリシュターム、エセーニン、ロトチェンコ、ブーニン、エイゼンシュテイン、ショスタコーヴィチ、ショーロホフ、ツヴェターエワ、フィローノフ、プラトーノフ、アフマートワ、アクショーノフ、エフトゥシェンコ、パステルナーク、ナボコフ、リュビーモフ、ヴィソツキー、オクジャワ、シニャフスキー、ソルジェニーツィン、タルコフスキー、ブロツキー、シュニトケ、ドヴラートフ、プリセツカヤ、バランシン、プリゴフ、ルイバコフ、ブルガーコフ、ミハルコフ、ソクーロフ

  • <目次>


    第1部 嵐迫る
    第1章 巨星墜つ
    第2章『春の祭典』の炸裂

    第2部 激動の時代
    第3章 革命とロシア・アヴァンギャルド
    第4章  詩人たちの悲劇
    第5章 独裁者と作家
    第6章 大テロル襲来

    第3部 スターリンとのランデブー
    第7章 社会主義リアリズムの魔術
    第8章 苦行者たち
    第9章 鎮魂歌(ルビ:レクイエム)

    第4部 雪どけと再凍結
    第10章 1956年の子供たち
    第11章 ノーベル賞を辞退
    第12章 『収容所群島』

    第5部 変化の時代
    第13章 非ソビエトという選択
    第14章 非公式芸術を救え!
    第15章 再び岐路に立つ
     訳者あとがき
     解説 響き渡る魔法のコーラス(沼野充義)
     原注
     人名索引

著者

ソロモン・ヴォルコフ (ヴォルコフ,S)

1944年タジク共和国生まれ。音楽史・文化史研究。渡米後コロンビア大学で教鞭をとる。20世紀後半の旧ソ連の芸術家と親交が深い。著書に『ショスタコーヴィチの証言』『ショスタコーヴィチとスターリン』など。

今村 朗 (イマムラアキラ)

1960年生まれ。東京大学教養学部卒業後、外務省入省。2008年、在ロシア日本大使館公使(広報・文化担当)。ロシアの新聞・雑誌への寄稿、テレビ・ラジオへの出演多数。現在、在カナダ日本大使館公使。

沼野 充義 (ヌマノ ミツヨシ)

1954年東京生まれ。東京大学教授。著書に『亡命文学論 徹夜の塊』『W文学の世紀へ 境界を越える日本語文学』など、訳書に『ナボコフ短篇全集』(共訳)、ブロツキー『大理石』、レム『ソラリス』など。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳