河出文庫 さ16-1

リョウリノタンジョウ

料理の誕生

桜沢 琢海

河出文庫 ● 272ページ
ISBN:978-4-309-40898-9 ● Cコード:0195
発売日:2008.03.06

定価734円(本体680円)

×品切・重版未定

  • ルネッサンス期の画家の名カルパッチョがなぜ二十世紀半ばに料理の名になったのか? マヨネーズやアフタヌーン・ティーの誕生の由来は? 西洋料理、菓子などのルーツをさぐる、三十の「美味しい逸話」。

著者

桜沢 琢海 (サクラザワ タクミ)

1959年生まれ。東京都出身。慶応義塾大学経済学部卒。フランスの家庭に暮らして学んだヨーロッパの家庭料理やワインの知識を活かし、放送作家、プランナー、フードコーディネーターとして料理番組や料理雑誌、広告などの企画・制作に携わっている。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳