河出文庫 か22-1

ニッポン

日本

姜 尚中

中島 岳志

河出文庫 ● 272ページ
ISBN:978-4-309-41104-0 ● Cコード:0195
発売日:2011.09.06

定価836円(本体760円)

○在庫あり

  • 寄る辺なき人々を生み出す「共同体の一元化」に危機感をもつ二人が、日本近代思想・運動の読み直しを通じて、人々にとって生きる根拠となる居場所の重要性と「日本」の形を問う。震災後初の対談も収録。

  • 文庫版のためのまえがき 
    まえがき ──思想としての保守と右翼 中島岳志 

    第一章 
    ■地方
    松岡利勝氏の死、鈴木宗男氏の生/地方から根拠地の思想を/かつて、右翼は民衆の側にいた/農村が潰される前に/左右をばらして読み替える/参院選に噴出した恨み/地方の反乱は起きるのか?
    ■熊本
    近代日本を産んだ“熊本”/パトリ再興の時代/「支配層」の欺瞞的保守/負けに殉ずる思想/熊本という思想のるつぼ/反東京、反国家/右翼ロマン主義の陥穽/熊本の悲劇から、可能性へ
    ■天皇
    ネーションに回収されない在日/「歯止め」としての天皇制/記号としての天皇/公定ナショナリズムの危険/天皇制の奪還/主権のプリズム/なぜ国のために死ぬのか?/多民族国家・日本の天皇/いろんなパトリがあっていい

    ――間奏 花岡山から 

    第二章
    ■右翼
    征韓論の「希望」と限界/右翼は自由民権運動に生まれた/伝統右翼と革新右翼/ロシア革命と右翼の変質
    ■保守
    一国民主主義と反アジア主義/丸山眞男の位置/ネオコンの元祖は八紘一宇?/戦争と向き合う知識人/大川周明の諦念/ボースの「万歳!」と竹内の「万歳!」/「有事」の直観力がカギ

    ――間奏 早稲田の杜で

    ■民族
    湛山的センスの特異さ/「すれっからし」の議論/近代貫く大衆の反逆(?)/保守と社民の再構築を/煩悶青年姜尚中の学生運動/東京への違和感、劣等感/戦争反対と言える愛国者

    第三章
    ■文学
    文学こそ最大の政治勢力/美学的政治の危うさ/私小説と新自由主義の直結
    ■戦後
    北一輝、レーニン、岸信介の共通項/岸に流れるドイツ型前衛の血/満州を父、アジアを母として/革新vs革新としての六〇年安保/反米から従米の逆説/原爆という躓きの石/「アメリカ製の日本」という物語/三島が全共闘に言いたかったこと/三島の悲劇と喜劇
    ■根拠
    ポストモダンでは生きられない/バブルと千尋の自分探し/根拠なきナショナリズムに国民はいない/根拠地から現状を打破せよ!
    追加対談 
    ■未来
    リーマン・ショック後の日本/既得権益を敵視することによる連帯/依拠する場所を見失う人々/生きる現場に着床させる/新しい共同体へ

    あとがき ──パトリの井戸を掘る 姜尚中

著者

姜 尚中 (カン サンジュン)

1950年、熊本県生まれ。現在、東京大学大学院情報学環・学際情報学府教授。専攻は政治学、政治思想史。著書に『オリエンタリズムの彼方へ』『ナショナリズムの克服』『在日』『愛国の作法』『悩む力』など。

中島 岳志 (ナカジマ タケシ)

1975年、大阪府生まれ。東京工業大学教授。専攻はアジア政治。著書に『中村屋のボース』『パール判事』『朝日平吾の鬱屈』『秋葉原事件』『超国家主義』『保守と大東亜戦争』『保守のヒント』など。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳