河出文庫 ま20-1

アオガヤブレル

青が破れる

町屋 良平

河出文庫 文庫 ● 184ページ
ISBN:978-4-309-41664-9 ● Cコード:0193
発売日:2019.02.06

定価748円(本体680円)

○在庫あり

  • その冬、おれの身近で三人の大切なひとが死んだ――究極のボクシング小説にして、第五十三回文藝賞受賞のデビュー作。尾崎世界観氏との対談、マキヒロチ氏によるマンガ「青が破れる」を併録。


    その冬、おれの身近で三人の大切なひとが死んだーー新時代の幕開けを告げる、究極のボクシング小説がついに文庫化! 第53回文藝賞受賞のデビュー作。コラボ企画として、尾崎世界観氏との対談、マキヒロチ氏によるマンガ「青が破れる」を収録。

著者

町屋 良平 (マチヤ リョウヘイ)

1983年生まれ。2016年『青が破れる』で第53回文藝賞19年『1R1分34秒』で第160回芥川賞を受賞。他の著書に『しき』『ぼくはきっとやさしい』『愛が嫌い』『坂下あたると、しじょうの宇宙』ほか。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳