来たるべき政治と芸術のために
フーコー、シャトレに捧げたテクストと情況論、芸術論を集成。

河出文庫 ト6-18

ドゥルーズコレクション02

ドゥルーズ・コレクション 2

権力/芸術

ジル・ドゥルーズ

宇野 邦一 監修

河出文庫 文庫 ● 344ページ
ISBN:978-4-309-46410-7 ● Cコード:0110
発売日:2015.06.08

定価1,430円(本体1,300円)

○在庫あり

  • 『無人島』『狂人の二つの体制』からのテーマ別オリジナル・アンソロジー。フーコー、シャトレ論、政治的テクスト、芸術論などを集成。ドゥルーズを読み直すための一冊。

著者

ジル・ドゥルーズ (ドゥルーズ,G)

1925年パリ生まれの哲学者。1995年、自ら死を選ぶ。スピノザやニーチェの研究を通じ西欧哲学の伝統を継承しつつその批判者となる。主著ーF・ガタリと共著『アンチ・オイディプス』『千のプラトー』『哲学とは何か』他。

宇野 邦一 (ウノ クニイチ)

1948年生まれ。哲学・フランス文学。著書に『土方巽――衰弱体の思想』、『〈兆候〉の哲学』、『ドゥルーズ――群れと結晶』など。訳書にアルトー『タラウマラ』、ジュネ『薔薇の奇跡』など。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳