河出文庫

タベモノハジメテモノガタリ

食べものはじめて物語

永山 久夫

河出文庫 ● 256ページ
ISBN:978-4-309-47153-2 ● Cコード:0121
発売日:1989.02.04

定価534円(本体485円)

×品切・重版未定

  • “どんぶり物”は“突っけんどん”がルーツ、“トマト”はかって媚薬だった、“花見”は古代人の花粉健康法など、日本の食のはじまりを、隠し味の面白話をまじえて、料理法から語源まで徹底的に探求する。

著者

永山 久夫 (ナガヤマ ヒサオ)

1932年、福島県生まれ。食文化史研究家、長寿食研究所所長。古代から明治時代までの食事復元の第一人者。長寿者の食生活を長年にわたって調査研究している。著書に『和食ことわざ事典』『武士のメシ』など多数。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳