検索結果

永山 久夫 (ナガヤマ ヒサオ)

1932年、福島県生まれ。食文化史研究家、長寿食研究所所長。古代から明治時代までの食事復元の第一人者。長寿者の食生活を長年にわたって調査研究している。著書に『和食ことわざ事典』『武士のメシ』など多数。

11件中 111件を表示 | 表示件数   件

「和の食」全史

歴史・地理・民俗

「和の食」全史
縄文から現代まで 長寿国・日本の恵み

永山 久夫

クリやイノシシの肉で作った縄文クッキー、戦国武士の出陣食、江戸時代から人気のすしなど、日本人が愛してやまない食の変遷史1万余年を解き明かす、食文化史の第一人者による決定版。

  • 単行本 / 368頁
  • 2017.04.26発売
  • ISBN 978-4-309-22698-9

定価3,456円(本体3,200円)

○在庫あり

詳細を見る
日本の酒 うんちく百科

趣味・実用・芸術

日本の酒 うんちく百科

永山 久夫

食文化史の第一人者が、“うんちく”を傾けた待望の書。酒造り日本史、江戸の酒と肴、酒に関する風俗習慣、日本史上の酒飲みエピソード、酒肴の雑学など、面白くてためになる話が満載。

  • 単行本 / 384頁
  • 2008.01.24発売
  • ISBN 978-4-309-26991-7

定価2,700円(本体2,500円)

×品切・重版未定

詳細を見る
たべもの日本史

歴史・地理・民俗

たべもの日本史

永山 久夫

煮炊き用の土器を使用して革命的食事システムを築いた縄文時代、天ぷら・鮨・スキヤキという国際食を生み出した江戸時代等々、日本列島に展開された食の文化史をイラスト中心にまとめる。

  • 単行本 / 224頁
  • 1998.01.23発売
  • ISBN 978-4-309-22320-9

定価1,728円(本体1,600円)

×品切・重版未定

詳細を見る
たべもの超古代史

文庫・新書

たべもの超古代史

永山 久夫

サルからヒトへの何百万年にもわたる進化の過程は、食生活の高度化の追求の歴史だ。自然のままを食べた時代から土器の発明による本格料理の時代の食生活を、豊富な資料を駆使し、興味深く解き明かす。

  • 河出文庫 / 248頁
  • 1997.06.04発売
  • ISBN 978-4-309-47326-0

定価605円(本体560円)

×品切・重版未定

詳細を見る
たべもの江戸史

文庫・新書

たべもの江戸史

永山 久夫

そば、天ぷら、鮨、納豆、豆腐――。日本を代表するたべものは、ほとんど江戸時代に出揃っている。どのような土壌の中から、江戸食文化の創造性が出現したのかを、豊富なエピソードをまじえ解明する。

  • 河出文庫 / 264頁
  • 1996.12.04発売
  • ISBN 978-4-309-47310-9

定価630円(本体583円)

×品切・重版未定

詳細を見る
たべもの戦国史

文庫・新書

たべもの戦国史

永山 久夫

秀吉・家康が天下を取った秘訣は食にあった。玄米・大豆・胡麻・魚・野菜をベースにした食事は、体力・知力を高めるだけではなく、強運をも呼び込んだ。数多くのエピソードから、生き抜くヒントをさぐる。

  • 河出文庫 / 264頁
  • 1996.04.04発売
  • ISBN 978-4-309-47294-2

定価630円(本体583円)

×品切・重版未定

詳細を見る
戦国武将の食生活

文庫・新書

戦国武将の食生活
勝ち残るための秘伝

永山 久夫

当時の平均寿命(30歳台)を考えると、戦国武将は意外と長生きだった人が多い。本書は、なぜ彼らが一般人の二倍近くも長生きできたのかを食生活の面から探り、現代人に食事の改善を提言する。

  • 河出文庫 / 272頁
  • 1990.03.04発売
  • ISBN 978-4-309-47189-1

定価524円(本体485円)

×品切・重版未定

詳細を見る
食べものはじめて物語

文庫・新書

食べものはじめて物語

永山 久夫

“どんぶり物”は“突っけんどん”がルーツ、“トマト”はかって媚薬だった、“花見”は古代人の花粉健康法など、日本の食のはじまりを、隠し味の面白話をまじえて、料理法から語源まで徹底的に探求する。

  • 河出文庫 / 256頁
  • 1989.02.04発売
  • ISBN 978-4-309-47153-2

定価524円(本体485円)

×品切・重版未定

詳細を見る
酒の肴雑学百科

文庫・新書

酒の肴雑学百科

永山 久夫

酒と同様、肴にも長い歴史があります。本書は、干し貝、ハチの子など縄文人の山海の珍味にはじまる日本列島の酒の肴の数々を、豊富なエピソードをまじえて解説し、読者に“読む肴”を提供します。

  • 河出文庫 / 320頁
  • 1986.11.04発売
  • ISBN 978-4-309-47097-9

定価608円(本体563円)

×品切・重版未定

詳細を見る
食ことわざ百科

食ことわざ百科

永山 久夫

梅はその日の難のがれ、大根どきの医者いらず、仕方なしの米のめしなど、日本人が生活の中で身につけてきた知恵の言葉を、食文化の研究家である著者が、独自の観点から選び出し、解き明かします。

  • 河出文庫 / 296頁
  • 1985.10.04発売
  • ISBN 978-4-309-47082-5

定価524円(本体485円)

×品切・重版未定

詳細を見る
たべもの古代史
  • 河出文庫 / 256頁
  • 1984.04.04発売
  • ISBN 978-4-309-47050-4

定価461円(本体427円)

×品切・重版未定

詳細を見る