ジャンル: 
  1. 哲学・思想・宗教 > 
  2. 哲学・思想

シリーズ: 
  1. 河出ブックス

全集・シリーズ

レヴィナス

【現代思想の現在】

レヴィナス

壊れものとしての人間

村上 靖彦

受賞
全国学校図書館協議会選定図書

単行本 B6 ● 256ページ
ISBN:978-4-309-62448-8 ● Cコード:0310
発売日:2012.08.14

定価1,512円(本体1,400円)

○在庫あり

  • 「人間はそもそも壊れるものである」ととらえたレヴィナスの哲学を、精神病理学から読み直す。介護ケアや自閉症研究の現場でも応用され、今、新たに注目すべき思想の全容に迫る入門書。

  • まえがき
    第1章 レヴィナスの生涯と作品
     1 生涯 
     2 作品

    第2章 外傷の哲学――レヴィナスの核
     1 レヴィナスにおけるトラウマ
     2 二十年の沈黙
     3 病理の哲学へ

    第3章 逆流する創造――初期の世界論と他者論
     1 出発点としての無意味
     2 逆流する創造
     3 死体から女性へ――初期レヴィナスの転倒した他者論
     4 レヴィナスの芸術論

    第4章 暴力批判論――第一の主著『全体性と無限』
     1 『全体性と無限』の骨組み
     2 『全体性と無限』の成立過程

    第5章 後期思想『存在の彼方へ』
     1 後期思想の骨組み
     2 後期の基本概念

    第6章 外傷としての主体――レヴィナス思想の深淵
     1 睡眠としての主体
     2 安全地帯としての主体――『全体性と無限』
     3 壊れる主体――『存在の彼方へ』
     4 他者性としての「ある」――レヴィナス哲学の最深部
     5 超越論的な狂気と現実化した狂気

    第7章 メシアニズムを捨てて――信仰なき宗教について
     1 「メシア的テキスト」と一九六一年の転回
     2 信仰なき宗教

    第8章 レヴィナスの歴史哲学
     1 歴史記述への批判
     2 意味の増殖としての聖史

    終章 死者の復活――治癒論としての歴史
     1 歴史意識としてのメシアニズム
     2 思い出を超える歴史
     3 世界の反転
     4 死者の復活――結論に代えて

    文献一覧
    あとがき

著者

村上 靖彦 (ムラカミ ヤスヒコ)

1970年生まれ。基礎精神病理学・精神分析学博士(パリ第7大学)。現在、大阪大学大学院人間科学研究科准教授。著書に『自閉症の現象学』『治癒の現象学』『傷と再生の現象学』など。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳