ジャンル: 
  1. 自然科学・医学 > 
  2. 自然科学

シリーズ: 
  1. 河出ブックス

全集・シリーズ

エネルギーノカガクシ

エネルギーの科学史

小山 慶太

受賞
全国学校図書館協議会選定図書

単行本 B6 ● 264ページ
ISBN:978-4-309-62449-5 ● Cコード:0342
発売日:2012.10.12

定価1,404円(本体1,300円)

×品切・重版未定

  • 原子力の発見は人類のエネルギー観をどう変えたのか。19世紀から現代に至るエネルギー開発と活用の歴史をアインシュタイン、朝永振一郎、小柴昌俊ら歴代の科学者を軸に深く読み解く一冊。

  • はじめに 「エネルギー」をどこから眺めるか
    序章 エネルギーの歴史の分水嶺 
    ●『二〇一〇年宇宙の旅』●皆既日食とヘリウム元素◎星をめぐるノーベル物理学賞●十九世紀物理学と太陽のエネルギー●力学的エネルギー保存則●古典物理学の万能性●歴史の分水嶺

    第一章 蒸気機関と熱エネルギー 
    ●蒸気機関コンピュータ●蒸気機関の開発と応用●熱気球で空の旅●熱の力ロリック説●暗黒エネルギーとカロリック●熱の運動説●カルノーと熱機関の理論●カルノーが鳴らした警鐘

    第二章 電磁気学の確立と電気エネルギー 
    ●カエルの脚とガルヴァーニ電気●『フランケンシュタイン』誕生の舞台裏●十八世紀の電気研究●電池の発明●電気エネルギーと化学エネルギー●電流の磁気作用●ファラデーと電気文明の夜明け●エリザベス女王の除幕式●電磁気学理論の確立と電磁波の発見●電子の発見●エネルギーの歴史の転換期

    第三章 放射能と原子核 —新しいエネルギー 
    ●化学エネルギーと錬金術●X線の発見-最初の偶然-●放射能の発見-二つ目の偶然-●ラジウムの発見●ピエール・キュリーのノーベル賞講演●原子核の発見●原子の内部構造と“死のらせん階段”●原子核の構成要素-陽子の発見●長岡半太郎の“錬金術”●原子の構成要素-中性子の発見●人工放射能の発見●核分裂の発見

    第四章 核エネルギーの解放  
    ●アインシュタインの書簡●E=mc2(二乗)が語る驚き●核分裂の連鎖反応●真珠湾と新大陸●核分裂と核融合●不思議の国のトムキンスと物理定数●オクロの原子炉と微細構造定数

    第五章 ミクロの世界を操るエネルギー  
    ●反物質とエネルギー●ディラック方程式と空孔理論●空孔理論と反粒子●反水素原子の生成●不確定性原理とエネルギー●核力と中間子論●ドラえもんのポケット●水素原子のラム・シフト●光子のお手玉●ゆらぐエネルギー

    第六章 宇宙と暗黒エネルギー  
    ●豊饒なる真空●ビッグバンの根拠●漱石と真空●デカルトの渦動宇宙●永久機関と天動説●エーテルと光●エーテルの矛盾●ニュートンの神、アインシュタインの宇宙項●膨張をつづける宇宙●普通の物質と暗黒物質●宇宙の加速膨張●偏在する暗黒エネルギー

    終章 エネルギー、過去・現在・未来 
    ●北京原人と火●ドン・キホーテと風車●水力による十三世紀の自動機械●自然エネルギーと化石エネルギー●原子力の限界●宇宙はどこから生まれたのか?

著者

小山 慶太 (コヤマ ケイタ)

1948年生まれ。科学史家、早稲田大学社会科学総合学術院教授。専門は物理学、天文学の近現代史。著書に『エネルギーの科学史』『科学史年表』『科学の思想と歩み』他多数。NHK教育テレビ、ラジオ等でも活躍。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳