ジャンル: 
  1. 政治・経済・社会 > 
  2. 社会

シリーズ: 
  1. 河出ブックス

全集・シリーズ

ユメミルキョウヨウ

夢みる教養

文系女性のための知的生き方史

小平 麻衣子

受賞
朝日、日経、毎日、東京 / 全国学校図書館協議会選定図書

単行本 B6 ● 208ページ
ISBN:978-4-309-62497-6 ● Cコード:0037
発売日:2016.09.13

定価1,620円(本体1,500円)

○在庫あり

  • 〈文学少女〉の時代から、文学部の「女性化」、「自分磨き」まで――「教養」という語に折りたたまれた、前向きに学ぶ女性たちの心性を解きほぐし、実現されない夢の構造を明らかにする。

  • 【目次】
    第一章 〈人間〉にはエリートしかなれないというよく知られた事実――通俗小説からみる大正教養派
    第二章 東大生〈以外〉はどんな本を読んできたか――女の教養の範囲
    第三章 恋愛は女の革命か!?――マルクス主義と人文的教養の凋落
    第四章 差別するにはまず女性を活用すべし――「教養」の二重底
    第五章 向上心があなたをダメにする――教養雑誌の投稿から
    第六章 〈文学少女〉はいない――文豪たちの邪悪な共同体
    第七章 お稽古も命がけ――戦中における〈ほんとうの教養〉の呪縛
    第八章 戦後文学部の女性化――〈役に立たなさ〉の大暴落
    第九章 文系バブル崩壊――その後に残るもの

著者

小平 麻衣子 (オダイラ マイコ)

1968年生まれ。慶應義塾大学教授。日本近代文学におけるジェンダー/セクシュアリティを、さまざまなメディアや文化の広がりのなかで分析している。『女が女を演じる――文学・欲望・消費』など。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳