ジャンル: 
  1. 外国文学 > 
  2. 随筆・紀行・評論・研究

シリーズ: 
  1. 河出ブックス

全集・シリーズ

シンデレラノナゾ

シンデレラの謎

なぜ時代を超えて世界中に拡がったのか

浜本 隆志

受賞
全国学校図書館協議会選定図書

単行本 B6 ● 240ページ
ISBN:978-4-309-62505-8 ● Cコード:0398
発売日:2017.06.13

定価1,620円(本体1,500円)

○在庫あり

  • 誰もが知っているシンデレラの話は、実は古代エジプトから日本まで地域、時代を超えて世界中に広がっていた。その伝搬の謎を、太古の人類大移動にまで遡りながら解明する知的な冒険。

  • 【目次より】

    第一章  シンデレラ譚の基本構造
    1 継母のいじめによるヒロインの試練
    2 援助者の出現
    3 非日常世界としての宴会や舞踏会
    4 花嫁テスト
    5 結婚によるハッピーエンド

    第二章 古代エジプトからヨーロッパルートのシンデレラ譚
    1 古代エジプトの「ロドピスの靴」
    2 宗教的シンデレラ譚——「エステル記」
    3 ビザンツ帝国の「シンデレラ」——テオドラ
    4 イタリアのバジーレの「灰かぶり猫
    5 ドイツのグリム兄弟の「灰かぶり」
    7 ディズニーのアニメ映画『シンデレラ』
    トピックⅠ ヨーロッ系「シンデレラ」(灰かぶり)の正体
    トピックⅡ シンデレラ譚のミッシングリンクの謎

    第三章 中近東からアジアルートのシンデレラ譚
    1 『アラビアンナイト』の「足飾り」
    2 イエーメンの「可愛いヘンナ」
    3 ペルシャの「月の顔」
    4 チベットの「奴隷の娘」
    5 中国の「葉限」
    6 ベトナムの「タムとカム」
    7 ミャンマーのカレン族の「雨季のおこり」
    8 朝鮮半島の「コンジ・パッジ」(豆福と小豆福)
    9 日本の「糠福と米福」
    トピックⅢ シンデレラ譚の日本伝播——明治以前と以後の二重構造
    トピックⅣ シンデレラ譚に登場する援助者のメタモルフォーゼ

    第四章 変貌するシンデレラ類話とその連鎖
    1 「イグサ頭巾型」・「姥皮型」のシンデレラ類話
    トピックⅤ 変身によるカムフラージュと花嫁のヴェール
    2 「ロバの皮型」シンデレラ類話の系譜
    トピックⅥ 「ロバの皮型」の近親相姦願望と「白雪姫」の謎
    トピックⅦ 一種の仮面劇としてのシンデレラ譚の変身
    3 復讐型継子いじめ譚の類話
    トピックⅧ 再婚と継子いじめ譚の成立

    第五章 ホモ・サピエンスの大移動と神話・民話の伝播 
    1 シンデレラ譚の普遍性と伝播の関係
    2 ホモ・サピエンスの大移動の経路
    3 『聖書』が語るホモ・サピエンスの移動
    4 一万年——五〇〇〇年前の殺人事件
    5 移動と殺人が組み込まれたシンデレラ類話
    6 移動における外婚制と女性の役割
    トピックⅨ 古代ギリシアのデメテル神話と日本神話の類似性
    トピックⅩ ロマ(「ジプシー」)の民族移動と神話・民話の伝播

    第六賞 シンデレラ譚の伝播とメディア
    1 口承という方法と語り手
    2 書承の特色
    3 翻訳・翻案と異文化受容
    4 絵本、挿絵という視覚メディア
    5 アニメ映画、DVD,インターネットのメディア

    終章 なぜシンデレラ譚は人気があるのか
    1 もう一人の主役である継母
    2 ヒロイン、援助者、読者だけが知る真実
    3 靴のシンボル
    4 呪力から魔法昔話へ
    5 シンデレラストーリー——没落と上昇のパースペクティブ
    6 結婚願望と見果てぬ夢

著者

浜本 隆志 (ハマモト タカシ)

1944年生まれ。関西大学名誉教授。専攻はドイツ文化論、比較文化論。著書に『ねむり姫の謎』『指輪の文化史』『魔女とカルトの文化史』『紋章が語るヨーロッパ史』など多数。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳