ジャンル: 
  1. 哲学・思想・宗教 > 
  2. 哲学・思想

シリーズ: 
  1. 河出・現代の名著

全集・シリーズ

ピエールリヴィエールノハンザイ

ピエール・リヴィエールの犯罪

ミシェル・フーコー

岸田 秀 

久米 博

単行本 46 ● 296ページ
ISBN:978-4-309-70613-9 ● Cコード:0310
発売日:1995.09.25

定価3,418円(本体3,107円)

×品切・重版未定

  • 言語表現においては理性と狂気は排除し合うか、それとも共に包括されてしまうか。19世紀フランスの寒村で起こった尊属殺人事件の訴訟記録を通じてこうした問題を追求したフーコーの問題作。

著者

ミシェル・フーコー (フーコー,M)

1926~84年。20世紀後半における最も重要な思想家。著書『狂気の歴史』『言葉と物』『知の考古学』『監獄の誕生』『知への意志』『自己への配慮』『快楽の活用』など。

岸田 秀  (キシダ シュウ)

久米 博 (クメ ヒロシ)

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳