検索結果

山本 昌代 (ヤマモト マサヨ)

1960年横浜生まれ。『応為坦坦録』で文藝賞受賞。95年『緑色の濁ったお茶あるいは幸福の散歩道』で第八回三島賞受賞。著書に『居酒屋ゆうれい』『緑色の濁ったお茶あるいは幸福の散歩道』『顔』など。

14件中 114件を表示 | 表示件数   件

魔女

日本文学

魔女

山本 昌代

百年をもひとときのように、呼吸し続ける街や建物。そのなかを今もさまよう、魔女や幽霊や妖精たち――。イギリス滞在中に連載された、『居酒屋ゆうれい』の著者によるゴーストツアー。

  • 単行本 / 224頁
  • 1999.06.25発売
  • ISBN 978-4-309-01291-9

定価1,760円(本体1,600円)

×品切・重版未定

詳細を見る
顔

日本文学

山本 昌代

首の後ろにある顔は呼吸はしないが、ものは喋った――『雨月物語』上田秋成に捧げられた、白日の闇をとらえる4つの不思議なものがたり。「鴬」「おむすびころりん」「飛び下りる子」を併録。

  • 単行本 / 208頁
  • 1997.03.21発売
  • ISBN 978-4-309-01129-5

定価1,870円(本体1,700円)

×品切・重版未定

詳細を見る
闇桜/ゆく雲 他

日本文学

現代語訳・樋口一葉【全5巻】

闇桜/ゆく雲 他

樋口 一葉 原作 井辻 朱美角田 光代多和田 葉子山本 昌代

収録:闇桜/ゆく雲/うもれ木/うつせみ/雪の日

  • 単行本 / 144頁
  • 1997.02.20発売
  • ISBN 978-4-309-01120-2

定価1,282円(本体1,165円)

×品切・重版未定

詳細を見る
緑色の濁ったお茶あるいは幸福の散歩道
  • 河出文庫 / 176頁
  • 1997.01.04発売
  • ISBN 978-4-309-40492-9

定価583円(本体530円)

×品切・重版未定

詳細を見る
善知鳥

文庫・新書

善知鳥

山本 昌代

能の名作「善知鳥(うとう)」を素材にして、語りのたくらみによって物語の妖しい戯れを紡ぎ出し、幽かな崩壊の予感にみちた未明の世界を現出させて新たな境地をきりひらいた傑作短篇集。

  • 河出文庫 / 232頁
  • 1996.02.04発売
  • ISBN 978-4-309-40469-1

定価641円(本体583円)

×品切・重版未定

詳細を見る
源内先生舟出祝
  • 河出文庫 / 184頁
  • 1995.11.04発売
  • ISBN 978-4-309-40463-9

定価576円(本体524円)

×品切・重版未定

詳細を見る
緑色の濁ったお茶あるいは幸福の散歩道

日本文学

緑色の濁ったお茶あるいは幸福の散歩道

山本 昌代

“歩く”という、からだの自然なリズムを筆にうつし、郊外に住む家族に訪れる、日常の不思議と夢のリアズムを鮮やかに描く、山本昌代・待望の詩的中篇小説。

  • 単行本 / 172頁
  • 1994.10.20発売
  • ISBN 978-4-309-00938-4

定価1,602円(本体1,456円)

×品切・重版未定

詳細を見る
居酒屋ゆうれい

文庫・新書

居酒屋ゆうれい

山本 昌代

「あたし、成仏できないうちは、ちょいちょい来るよ」――居酒屋を営む壮太郎、先の女房が死んだ後、約束破って再婚したからさァ大変。奇妙な3人の、ポップで不思議な同居生活が始まった。映画化。

  • 河出文庫 / 176頁
  • 1994.10.04発売
  • ISBN 978-4-309-40426-4

定価406円(本体369円)

×品切・重版未定

詳細を見る
江戸役者異聞
  • 河出文庫 / 192頁
  • 1993.07.04発売
  • ISBN 978-4-309-40378-6

定価534円(本体485円)

×品切・重版未定

詳細を見る
居酒屋ゆうれい

日本文学

居酒屋ゆうれい

山本 昌代

「あたし、成仏できないうちは、ちょいちょい来るよ」――居酒屋を営む壮太郎、先の女房が死んだ後、約束破って再婚したからさァ大変!? 奇妙な3人の、ポップで不思議な同居生活。映画化。

  • 単行本 / 172頁
  • 1991.12.19発売
  • ISBN 978-4-309-00738-0

定価1,388円(本体1,262円)

×品切・重版未定

詳細を見る
応為坦坦録

文庫・新書

応為坦坦録

山本 昌代

棟割り長屋で三食店屋物、絵以外は一切お構いなしで、奔放自在に生きる北斎父娘。父の代筆もする娘・応為の飄々とした生きっぷりを江戸戯作者風才筆で活写し、文学に新しい風を吹きいれた文藝賞受賞作。

  • 河出文庫 / 176頁
  • 1990.04.04発売
  • ISBN 978-4-309-40268-0

定価406円(本体369円)

×品切・重版未定

詳細を見る
デンデラ野

日本文学

デンデラ野

山本 昌代

団地の次男一家に寄生する老婆の奇行を通して明るい世紀末の空虚を謳う「デンデラ野」の他、芥川賞候補作「豚神祀り」「春のたより」を収録して、著者の新しい世界をしめした秀作集。

  • 単行本 / 194頁
  • 1989.03.23発売
  • ISBN 978-4-309-00551-5

定価1,431円(本体1,301円)

×品切・重版未定

詳細を見る
江戸役者異聞

江戸役者異聞

山本 昌代

濡れ場、折檻、殺しなど毒気とけれんで江戸じゅうを沸かせた人気役者沢村田之助。人気の絶頂で不治の病に冒され「達磨」となった田之助の心に巣くう業を見すえる書き下ろし小説。

  • 単行本 / 196頁
  • 1986.03.29発売
  • ISBN 978-4-309-00426-6

定価1,430円(本体1,300円)

×品切・重版未定

詳細を見る
応為坦坦録

日本文学

応為坦坦録

山本 昌代

棟割り長屋で三食店屋物、絵以外は一切お構いなしで奔放自在に生きる北斎父娘。父の代筆もする娘応為の飄々とした生きっぷりを、江戸戯作者風才筆で活写する。

  • 単行本 / 160頁
  • 1984.01.18発売
  • ISBN 978-4-309-00358-0

定価968円(本体880円)

×品切・重版未定

詳細を見る