河出文庫 こ14-1

サンカトセッキョウゴウトウ

サンカと説教強盗

闇と漂泊の民俗史

礫川 全次

河出文庫 ● 224ページ
ISBN:978-4-309-41036-4 ● Cコード:0139
発売日:2010.09.07

定価821円(本体760円)

×品切・重版未定

  • 昭和初期、帝都西北部の新興住宅地をねらう強盗が跋扈した。説教強盗妻木松吉。その兇悪な手口から捜査当局は説教サンカ説を流す。後のサンカ小説家三角寛らも関わった事件の真相を追う。

著者

礫川 全次 (コイシカワ ゼンジ)

1949年、東京都生まれ。東京教育大学文学部卒業。ノンフィクション・ライター。歴史民俗学研究会代表。著書に『サンカと説教強盗』『戦後ニッポン犯罪史』『大津事件と明治天皇』、共著に『犯罪の民俗学』『女装の民俗学』など。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳