検索結果

筒井 功 (ツツイ イサオ)

1944年生まれ。民俗研究家。 著書に、『サンカの真実 三角寛の虚構』『葬儀の民俗学』『新・忘れられた日本人』『サンカの起源』『猿まわし 被差別の民俗学』など。

12件中 112件を表示 | 表示件数   件

アイヌ語地名と日本列島人が来た道

歴史・地理・民俗

アイヌ語地名と日本列島人が来た道

筒井 功

東北地方におけるアイヌ語地名の南限を実地に探り、大陸から日本列島に人々がどのようにやって来、民族がいかに交わり形成されたかを探る画期的な書。

  • 単行本 / 280頁
  • 2017.10.27発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-22712-2

予価2,160円(本体2,000円)

※未刊

詳細を見る
日本の「アジール」を訪ねて

歴史・地理・民俗

日本の「アジール」を訪ねて
漂泊民の場所

筒井 功

国家の統治が及ばなかった「聖域」アジール。近代以降の漂泊民、被差別民、乞食たちが拠り所としたそれら洞窟などの実際の場所を、克明な取材に基づき描く民俗紀行ノンフィクション。

  • 単行本 / 208頁
  • 2016.10.25発売
  • ISBN 978-4-309-22686-6

定価2,376円(本体2,200円)

○在庫あり

詳細を見る
忘れられた日本の村

歴史・地理・民俗

忘れられた日本の村

筒井 功

マタギの村、天皇の即位のたびに麻服を貢納する山奥の村など、歴史の長い不思議な村七つのの探訪紀行。宮本常一『忘れられた日本人』を現代に引き継ぐ民俗誌。

  • 単行本 / 240頁
  • 2016.05.26発売
  • ISBN 978-4-309-22668-2

定価1,944円(本体1,800円)

○在庫あり

詳細を見る
殺牛・殺馬の民俗学

歴史・地理・民俗

殺牛・殺馬の民俗学
いけにえと被差別

筒井 功

かつて、広く雨乞いが行われた。最終手段として、供犠として牛馬が殺され、その首が滝壺に落とされた。その役目を多く被差別民が担った。各地にその風習の跡を探る。

  • 単行本 / 264頁
  • 2015.11.17発売
  • ISBN 978-4-309-22642-2

定価3,024円(本体2,800円)

○在庫あり

詳細を見る
「青」の民俗学

歴史・地理・民俗

「青」の民俗学
地名と葬制

筒井 功

「あお・おう・あわ」は古来、死の世界を意味した。大島=青島は、かつて葬場であった。青木などの地名も古墳・葬場と関わりが深いことを検証する。

  • 単行本 / 212頁
  • 2015.03.13発売
  • ISBN 978-4-309-22625-5

定価2,160円(本体2,000円)

○在庫あり

詳細を見る
ウナギと日本人

自然科学・医学

ウナギと日本人
“白いダイヤ”のむかしと今

筒井 功

戦後、シラスウナギを養殖する投機行為に狂奔する人々、太平洋で発生し、波のまにまに日本へ辿り着くけなげでしぶといウナギの一生。一生懸命に生きるそれぞれの人生。

  • 単行本 / 208頁
  • 2014.06.13発売
  • ISBN 978-4-309-25301-5

定価1,728円(本体1,600円)

○在庫あり

詳細を見る
東京の地名

歴史・地理・民俗

東京の地名
地形と語源をたずねて

筒井 功

東京には魅力と謎に満ちた地名がたくさんある。山手線、都心部、中央線、下町、武蔵野、奥多摩、伊豆諸島の島々と、全東京都の気になる地名を考える。全国の類似地名との比較も面白い。

  • 単行本 / 212頁
  • 2014.01.22発売
  • ISBN 978-4-309-22605-7

定価1,944円(本体1,800円)

○在庫あり

詳細を見る
猿まわし 被差別の民俗学

歴史・地理・民俗

猿まわし 被差別の民俗学

筒井 功

中世以前、猿は信仰され、馬の守り神でもあったが、猿に関わる人はなぜ差別されるようになったのか、猿まわしからさかのぼり、各地の猿地名と「呪的能力者」から探る。

  • 単行本 / 236頁
  • 2013.07.11発売
  • ISBN 978-4-309-22594-4

定価2,052円(本体1,900円)

○在庫あり

詳細を見る
サンカの起源

歴史・地理・民俗

サンカの起源
クグツの発生から朝鮮半島へ

筒井 功

関東の箕直し集落調査を続けてきた第一人者が、箕と筬を手がかりにクグツに遡り、さらにサンカの起源を朝鮮白丁に到り着く決定的な論考。

  • 単行本 / 356頁
  • 2012.06.18発売
  • ISBN 978-4-309-22578-4

定価2,592円(本体2,400円)

○在庫あり

詳細を見る
新・忘れられた日本人

歴史・地理・民俗

新・忘れられた日本人
辺界の人と土地

筒井 功

消え去りゆく人と土地の、記憶と記録の民俗学。日本各地に残された人びとの生きた姿を刻み込むルポルタージュ。サンカの村から被差別部落まで。

  • 単行本 / 220頁
  • 2011.11.04発売
  • ISBN 978-4-309-22553-1

定価1,944円(本体1,800円)

○在庫あり

詳細を見る
日本の地名

歴史・地理・民俗

日本の地名
60の謎の地名を追って

筒井 功

意味不明なものだらけの地名の森に分け入り、難読地名を中心に、朝鮮語やアイヌ語に安易に寄りかからず、地形などを重視して、その語源と分布状況を探る。

  • 単行本 / 188頁
  • 2011.01.25発売
  • ISBN 978-4-309-22536-4

定価1,944円(本体1,800円)

○在庫あり

詳細を見る
葬儀の民俗学

歴史・地理・民俗

葬儀の民俗学
古代人の霊魂信仰

筒井 功

各地に大島という名の「小さい」島がある。なぜか。「青島」がなまったもので、「アオ・アウ・アワ」は埋葬地を意味する。「霊」を探る踏査行をへて葬制に到る、賤と穢れの民俗学。

  • 単行本 / 196頁
  • 2010.03.12発売
  • ISBN 978-4-309-22525-8

定価2,160円(本体2,000円)

×品切・重版未定

詳細を見る