検索結果

大澤 真幸 (オオサワ マサチ)

1958年生まれ。社会学者。『身体の比較社会学(Ⅰ・Ⅱ)』『虚構の時代の果て』『文明の内なる衝突』『不可能性の時代』『ナショナリズムの由来』『生きるための自由論』など。

8件中 18件を表示 | 表示件数   件

アメリカ

アメリカ

橋爪 大三郎大澤 真幸

日本にとって、いちばん重要な国であるアメリカ。しかし、日本人はアメリカの何たるかをまるで理解していない。二大知性の刺激的な対話によって、アメリカ理解の核心がいま明らかとなる。

  • 新書 / 352頁
  • 2018.11.22発売
  • ISBN 978-4-309-63101-1

定価1,012円(本体920円)

○在庫あり

詳細を見る
33年後のなんとなく、クリスタル

文庫・新書

33年後のなんとなく、クリスタル

田中 康夫 著 大澤 真幸なかにし 礼 解説

一九八〇年に大学生だった彼女たちは、いま五〇代になった。あの名作『なんクリ』の主人公のモデル女性に再会したヤスオは、恋に落ちる……四百三十八の“註”+書き下ろし「ひとつの新たな長い註」。

  • 河出文庫 / 384頁
  • 2018.07.06発売
  • ISBN 978-4-309-41617-5

定価814円(本体740円)

○在庫あり

詳細を見る
考えるということ

文庫・新書

考えるということ
知的創造の方法

大澤 真幸

読み、考え、そして書く――。考えることの基本から説き起こし、社会科学、文学、自然科学という異なるジャンルの文献から思考をつむぐ実践例を展開。創造的な仕事はこうして生まれる。

  • 河出文庫 / 312頁
  • 2017.01.10発売
  • ISBN 978-4-309-41506-2

定価968円(本体880円)

○在庫あり

詳細を見る
いま、〈日本〉を考えるということ

政治・経済・社会

河出ブックス

いま、〈日本〉を考えるということ

木村 草太 編 山本 理顕大澤 真幸

さまざまな局面で積年の論点が噴出した観のある昨今、いったいこの国はどこへ行こうとしているのか――。建築学、社会学、憲法学の3つの観点から、今日の日本の課題を徹底討議。

  • 単行本 / 280頁
  • 2016.06.24発売
  • ISBN 978-4-309-62493-8

定価1,760円(本体1,600円)

○在庫あり

詳細を見る
「知の技法」入門

哲学・思想・宗教

「知の技法」入門

小林 康夫大澤 真幸

東大発ベストセラー『知の技法』から20年――東大新入生必読のまったく新しい基礎教養! 東大教授と知の巨人が“タイタニック”的状況を生き延びるための読書術と思考術を徹底伝授!

  • 単行本 / 232頁
  • 2014.10.15発売
  • ISBN 978-4-309-24677-2

定価1,650円(本体1,500円)

○在庫あり

詳細を見る
思考術

哲学・思想・宗教

河出ブックス

思考術

大澤 真幸

読み、考え、そして書く――。思考技術の原論を説き、社会科学、文学、自然科学という異なるジャンルの文献から思考をつむぐ実践例を展開。創造的な仕事はいかにして生まれるのか。

  • 単行本 / 280頁
  • 2013.12.12発売
  • ISBN 978-4-309-62467-9

定価1,540円(本体1,400円)

○在庫あり

詳細を見る
文明の内なる衝突
  • 河出文庫 / 304頁
  • 2011.08.08発売
  • ISBN 978-4-309-41097-5

定価935円(本体850円)

○在庫あり

詳細を見る
生きるための自由論

河出ブックス

生きるための自由論

大澤 真幸

人類にとって至上の価値である「自由」。だが、それは一体どこにあるのか? 脳科学の知見も参照しつつ、自由という概念自体の刷新を目論み、新たな連帯への方向性を示唆する刺激的論考。

  • 単行本 / 192頁
  • 2010.10.13発売
  • ISBN 978-4-309-62422-8

定価1,320円(本体1,200円)

×品切・重版未定

詳細を見る