検索結果

齋藤 可津子 (サイトウ カツコ)

翻訳家。主な訳書に『三つ編み』『マドモアゼルSの恋文』『アラブの春は終わらない』など。

2件中 12件を表示 | 表示件数   件

内なるゲットー

外国文学

内なるゲットー

サンティアゴ・ H・アミゴレナ 著 齋藤 可津子

ホロコーストに消えた母、僕は沈黙することしかできなかった。――第2次世界大戦時、ポーランドに母を残し、アルゼンチンに移住した息子の苦悩を静謐な筆致で描いた仏ベストセラー。

  • 単行本 / 184頁
  • 2020.08.19発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-20802-2

予価2,200円(本体2,000円)

※未刊

詳細を見る
アラブの春は終わらない

政治・経済・社会

アラブの春は終わらない

タハール・ベン=ジェルーン 著 齋藤 可津子

チュニジア、エジプト、リビア……。〈アラブの春〉の背景にある民衆の怒りと、自由・尊厳を求める思いを仏ゴンクール賞作家が解明する迫真のノンフィクション。佐々木中氏推薦。

  • 単行本 / 160頁
  • 2011.12.02発売
  • ISBN 978-4-309-24571-3

定価2,420円(本体2,200円)

×品切・重版未定

詳細を見る