ジャンル: 
  1. 日本文学 > 
  2. 小説

単行本

ババヤガノヨル

ババヤガの夜

王谷 晶

単行本 46 ● 192ページ
ISBN:978-4-309-02919-1 ● Cコード:0093
発売日:2020.10.23

定価1,650円(本体1,500円)

○在庫あり

  • お嬢さん、十八かそこらで、なんでそんなに悲しく笑う――。暴力を唯一の趣味とする新道依子は、腕を買われ暴力団会長の一人娘を護衛することに。拳の咆哮轟くシスターハードボイルド!装画:寺田克也

    どんどこ血が脈打ってくる。
    ――北上次郎(「本の雑誌」2021年1月号)

    まず、この世界を壊せ。話はそこからだ、と作者は言う。
    ――杉江松恋

    シスターフッド文学をあらゆる意味で刷新するシスターバイオレンスアクション!
    ――鴻巣友季子

    もう一気に読了して最後はナルホド! と唸った。
    ――大槻ケンヂ

    友情でも愛情でも性愛でもない、ただ深いところで結ばれたこの関係に、名前など付けられない。
    ――宇垣美里(フリーアナウンサー)

著者

王谷 晶 (オウタニ アキラ)

1981年生まれ。著書に小説集『完璧じゃない、あたしたち』、エッセイ『どうせカラダが目当てでしょ』など。

読者の声

この本に寄せられた読者の声一覧

すばらしかったです。ヤクザ物定番の展開に盛り上がる前半、怒涛の展開に呑まれる後半の構成も巧みながら、依子と尚子の関係性が本当によくて、こんな名前をつけられない関係を描くためにフィクションの小説というものがあるんだなと思いました。シスターフッドが流行ってるから、などいう小さな枠に押しとどめてほしくない名作。 (定禅遥 さん/34歳 女性)

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳